カテゴリー内 記事一覧

髪は腎の華

東洋医学では、「髪は腎の華」と言われています。

「腎」とは現代でいう腎臓だけでなく、
生殖器系や泌尿器系など下半身全般を意味し、

精気の宿るところ、
生命力や生殖力の源とされています。

そして腎の豊かさは髪にあらわれます。
艶やかで黒々とした髪は、腎が豊かな証拠

そしてこれが、女性の美しさでもあるのです。

さて、この腎は五行では「水」に属し、
「水」が豊かな女性は、艶やかで色気があります。

女優の井川遥さんや高岡早記さんなどがそれで、
しっとりとした色気を醸し出していますよね
「水」というだけに、濡れたような色気が特徴です。

ただ、それが女優さんであれば素敵なことですが、
一般の女性で、特に夫や子供のいる女性なら、
ちょっと注意が必要です

祐気堂には、不倫の相談も多くありますが、
夫がいるのに他の男性に惹かれる女性には、
髪の長い人が多いのが特徴です。
これは、まだまだ“オンナ”という表れでしょうか

独身の女性でも、異性に振り回されたり、
ドロドロした恋に落ちるのは、だいたい髪の長い女性です。
長い髪は、女の情念の表れなのです。

だいたい、ショートカットの幽霊って、イメージ沸かないでしょ
ギリシャ神話のメデューサは、なんと髪が蛇ですしね

不倫でドロドロになっている女性や、
悪い男性と別れたいと悩む女性などには、
私はいつも「髪を切りなさい」とアドバイスします。

どろどろ長い髪で、どろどろ悩まず、
思いっきり髪を切ってスッキリすれば、
気分も見た目も、スッキリ明るくなるのです

そして、逆も言えます
女を捨てると髪は短くなるもので、
世間のオバサンを見れば良くわかるでしょう

女性らしさに欠ける人や、色気がない・・と思う人は、
少し髪を伸ばしてみるだけでも違いますよ

私も少し伸ばしてみようかな~
2016-08-17 : 心と体 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

心は身体から

東洋思想では、私たちの感情は
「五臓より発す」と言われています。

嬉しい、楽しい、悲しい、腹が立つ・・
私たちは様々な感情を持っていますが、

それらは何処からともなく
沸いてくるのではありません。

感情というのは、
実は実は五臓から・・身体から
わき起こっているのです。

例えば五行の「土」は、
五情は「思」、五臓は「胃」です。

思慮を通り越し、
あれこれ思い悩むというのは、
土の乱れが原因で、

そんな人は、胃の辺りで気が滞り
不調を抱えています。

五行の「木」は、
五情は「怒」、五臓は「肝」

すぐにイライラしたり、
腹が立つのは「木」の乱れで、

肝臓のあたり・・右肋間痛や
脇腹が張ったりしています。

また、肝と筋は相関していますので、
足がつったり、
肩や首が凝っています。

そして、「五臓より発す」ということからも、
胃が不調だから思い悩み、
首が凝るからイライラする。

五臓の乱れが五情となり、
様々な心の状態を作るのです。

日々、色んな相談を受けますが、
例えば、失恋をすれば、
誰でも悲しいものです。

ですが、どれほど悲しいのかは、
人それぞれです。

何か辛いことがあっても、
どれほど辛いのかは、
人それぞれです。

その“それぞれ”というのが、
性格によるものではなく、
身体によるものなんですね

よく「心臓に毛が生えている」
という表現をしますが、
心(こころ)の強い人は、
実際に心臓が強いのです。

「木・火・土・金・水」という
天地の巡りがあらわす、

「肝・心・脾・肺・腎」の働きによって
私たちの心・性格が作られるのです。

私はいつも
「気持ちなんてどこにもない」
と言っています。

だってそうでしょ?
目にも見えないし
手にもとれません。

だからこそ、まずは身体が一番なんです。

イライラを沈めたいなら
木の「肝」を沈め

メンタルを強くしたいなら
火の「心」を強め

堂々巡りに悩むなら
土の「脾胃」を整え

悲しみに暮れるなら
金の「肺」を癒し

不安感が強いなら
水の「腎」を温める。

他にも様々な作用がありますが、
もし今、身体のどこかに不調があるなら、
まずはそれを整えてみて下さい

必ず“心”にも、
効果があらわれますよ
2015-04-14 : 心と体 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

運は食から

またまた可笑しな話をはじめますが、
私は普段「縄文食(原始人食)」を食べています。

「縄文食(原始人食)」なんて言うと
「何を食べてるの?!」と
不思議がられますが、

なにも特別な食材や調理法ではありません。

もちろん狩りにもいってませんし
庭に貝塚なんてありませんよ~


さて、どういうものかと言うと、
お肉やお魚、野菜など・・・

ただ素材のままを買って、
普通に料理して
食べているだけです。
冷凍食品や加工食品を買わないのです。

あと、○○の素や○○のタレなど
混ぜるだけ、かけるだけの物は
一切使いません。

とはいえ、塩コショウや醤油、
お味噌などは使うので
そんな時は都合よく
勝手にタイムスリップしています


本当に「自然食」や「縄文食」というのなら、
F1種は使わない!など
もっとこだわればいいのですが、

現代に暮らしていていれば、
便利が一番なのも正直なところです

ですから、大きな声で「縄文食」
なんて言えないのですが、

でも1つだけこだわっている事は、
“食べ物”とは命であって、
「工場で作られるものではない」
ということです。

私は食品工場で作られたものは、
食べ物ではなく、
製品だと思っています


私たちの心と体は、
それぞれ年齢分の歴史かもしれません。

ですが、数十年前に、
どこかの工場で生まれたのではありません。

お母さんのお母さんのお母さんの・・・・・と、
延々と続く「命」を
引き継いできたものなのです。

今の多くの食べ物は、
ここ数十年で急に食べられ出したものです。

原型が分からないほど
細かく切り刻まれた加工食品や、

素材よりも多い添加物。

それは“命”とは言えません。

前回【心と体の天気予報】でも書きましたが、
私たちは天地の気を受けて産まれた
「地球の子供」です。

天の風や雨、
地の土やそれに育まれた動植物、

そんな天地に育まれてこそ、
健全に生きる事ができるのです。


無農薬や自然栽培など、
こだわればキリがなく、
またそれぞれ問題点も指摘されています。

残念ながら現代に暮らすには、
もう本当の“自然のまま”の食事は、
難しいのかも知れません。

ですが、お肉や魚を食べるなら、
骨付きだとか、魚なら姿のまま

せめて命だと分かるように頂くのが
まずは大切だと思います。

皆さまもぜひ、難しいことは置いておいて、
せめて毎日の食事に
“命”を意識してみて下さい。

きっと、体の奥から、
天地の気がみなぎってきますよ
2014-12-10 : 心と体 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

パン好きはヒステリー?!

五行とは、「木・火・土・金・水」の
“5つの気の巡り”という意味で、

森羅万象のさまざまな物や出来事も、
“大元は5つほど”という考えです。

心と体も、季節も方角も色も味も・・・
全ては五行の元に繋がっています。

食べ物もそうで、五行の偏りで
好き嫌いがでたりします。

医食同源といわれるように、
毎日の食べ物は薬そのもの。

私たちの心と体は、必要な食べ物を
自ら欲するようになっているのです。

漢方薬に、甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)
という処方がありますが、

これはヒステリーの代表処方で、
麦・・小麦は、生薬名をショウバクといいます。

昔からヒステリーや癲癇の症状には、
小麦を湯にとかし服用させていました。

ヒステリーを起しやすい人は、
五行では「木」が乱れているからで、
そんな人はたいてい
パンが大好きなのです。

小麦を体が欲するのでしょうね。

そして「パンは香り」と言われるように、
小麦の香りにもアロマ効果があります。

パンを食べて「この香りに癒される~」と思う人は、
ちょっとヒステリー気味じゃないですか

そういえば・・・
私の妹は無類のパン好きで

暇さえあればパンを焼いて、
全部ペロッと食べてしまうんですって

...ナントモご愁傷様です


ちなみに、シソや三つ葉などの
強い香りが好きな人は、
うつ傾向の人です。

特にシソは生薬名を紫蘇葉(シソヨウ)といい、
気を晴らし、うつ症状を改善します。

「ミントの香りが好き」という人もそうで
これは生薬名を薄荷(はっか)といい、
紫蘇葉と同じく、気を晴らす作用があります。

このように何気なく好む食べ物は、
私たちが意識する前に、
体が欲しているものなのです。

皆さんも、何か特別に好きな食べ物はありますか?
それは、体のサインかもしれませんよ
2014-10-07 : 心と体 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

考え事はお風呂の中で(o^-^o)

ネガティブな考えや
不安、心配といった気持ちは、
五行では「水」が支配しています。

「水」は
五季では冬
五方では北
五時では夜

太陽が隠れた陰の状態で、
寒や冷などを伴います。

心と体が、
“真冬の北国の夜”というイメージでしょうか

突風吹きすさぶ暗い夜に、
ルンルン陽気な人はいませんでしょ

また、「水」の五志は恐(驚)ですが、
お昼に何か物音がしても気にならないのに、
それが夜だと怖かったりしませんか

このように五行の「水」のもと、
不安や恐怖、冷え、寒い
暗い、夜、陰気などの事象は
全てつながっているのです。

心と体は1つですから、
何でもなくても
体が冷えれば不安でネガティブになり、

逆に不安や心配があれば、
体が冷えてきます。

そしてそんな事が続けば
冷え→ネガティブ→冷え→ネガティブと
グルグル巻きになるのです。

パニック障害や不安神経症などの人は、
必ず体が冷えています。

不安なときに「大丈夫だよ」とか
ネガティブな時に「前向きに行こうよ」なんて
そんな簡単に思えるもんじゃありませんよね

いつも言うように、
手にも取れない心をどうこうするよりも、
まずは体からが一番です

お風呂でゆっくり温まれば、
自然と心もホッコリ温まります。

すると、陰気の不安やネガティブな考えは
陽気に追い出されていきますよ

これから季節も冬を迎えます。
寒く夜が長い時期には、
心も体も閉ざされがちになります。

冷えた体で悶々と考えても
ロクなことはありません。

皆さまも考え事をする時は、
ぜひお風呂の中で

そうすれば、
「まぁ、悪いようにはならないな」と
明るい気持ちになりますからね
2014-09-30 : 心と体 : トラックバック : 0
Pagetop

「土」と土用と安定

昨日29日は「土用の丑の日」でしたが、
皆さま鰻は召し上がりましたか

「土用」といえば、夏の土用が有名ですが、
本当は年に4回あります。

立春・立夏・立秋・立冬の前18日間を「土用」といい、
五行では「土」が支配します。

前回の記事→「私たちの中の天地陰陽」でも情緒について触れましたが、
情緒とは自然によって培われるものです。

青い空をみて晴れやかな気持ちになったり、
沈んでいく太陽を見て寂しくなったり、
枯れた木々を見て気持ちが沈んだり、

私たちの心と体は、そんな自然の移り変わりに、
大きく影響されているのです。

開放的で活動的な「夏」から、
急に「秋」を迎えたら・・・
心と体はそれについていけず、変調をきたします。
すると、
kin-sikitaihyou.gif

五臓-肺が傷つき
五変-咳が出て
五志-悲しくなるのです。

他の季節も同じです。
例えば「冬」から準備もなく「春」を迎えると、

五臓-肝が傷つき
五変-握(緊張して)
五志-怒(イライラ)するのです。

土の五季「土用」とは、
そんな季節の間の安定剤なのです。


下図をご覧下さい、
「木の春・火の夏・金の秋・水の冬」の四季の中心に、
土の土用があります。
doyoutoha.gif

また下図は人体の五行図ですが
同じように「木の肝・火の心・金の肺・水の腎」の中心に、
土の五臓「脾」があります。
gogyoujintai.gif

(※「脾」とは現在の脾臓ではなく、口から肛門までの一本の管、消化器系をいいます)


「土」は五行の中心
他の四気「木火金水」の旺衰による、
心と体の変調を防ぎ、安定をもたらしてくれるのです。

ですから、季節の変わり目に弱い人や、
情緒が不安定な人というのは、
必ず「土」が弱く、そして胃腸が弱い人です。
食の細い人も多いようですね。
(逆に過食傾向の人もいます)

ちなみに私も胃腸が弱いです


「土」が強いか弱いかは、簡単に判断できます。
土の五蓄は「牛」ですので、
牛肉をガッツリ食べられる人は、
「土」が強く胃腸が丈夫です

昔から「食力」と言われるように、
食べる(食べられる)ことが、
心と体の安定につながるんです

立秋まであと1週間・・・
私も、暑いからとビールばかり飲んでいてはダメですね
反省です...

そうそう「土」の五竅は「口」です。
口や口の周りに吹き出物が出来るのは、
「土」の乱れ、胃腸の疲れのサインです。

ぜひこの土用は、刺激の強いものや、冷たいものの飲食を控え、
迎える秋に備えて、胃腸を労って下さいね。

でないと・・・
秋に寂しさに打ちひしがれるかもしれませんよ~チーン...


関連記事
→「秋は物悲しい季節」
→「牛の反芻(はんすう)?!」
→「土の人ってどんな人?」
2014-07-30 : 心と体 : トラックバック : 0
Pagetop

男は胸を開いてオデコを光らせろ!

おでこ・・額は、人相学では天に通ずるところとされています。

額が狭いと、器量も視野も、
そして心も狭いとされ凶相で、

額が広いと、器量も視野も、
そして心も広いとされ吉相・出世の相です。

そして、せっかく広くても、
血色が悪く色がくすんでいてはダメです。

オイリーなんて敬遠されがちですが、
気血の巡りがよく、皮脂の分泌もよく、
光り輝いているのが開運の相なのです

特に男性の場合、前髪で額を隠すのは凶です。

天に通じる額を“隠す”という行為は、
お天道様に背を向け生きている証拠

やましい事があるから隠すのか・・・
額を隠すうちにやましい気持ちになるのか・・・

心が相を作ると言われますが、
相もまた、心を作るのです。

そして胸。
自信がある様子を「胸を張る」、
本音を言うことを「胸の内を明かす」など、

胸は心の宿るところとされ、
五行でも「心」には神が宿るとされています。

その胸を、猫背で覆い隠すようにしてはいけません。
そもそも猫背は、物を隠すときの仕草で貧の相です。

こちらもやましいから胸を隠すのか、
猫背でいるからそうなるのか、

特に男性は、胸を大きく開いて明らかに生きないと、
寝ずに頑張ったって出世なんてしないのです。


そういえば以前、近所のファミレスで対照的なグループを見ました。
どちらも4、5人の高校生ぐらいの男の子達でしたが、

一方はタバコを吸って退屈そうに話し、
(すぐに退席させられていましたが)
そして全員の前髪は、額が隠れるどころか、
目にもかかるほどの長さでした。

そして、テーブルに両肘をついている子や、
寝転ぶかと思うほど斜めに寄りかかっている子、
猫背でスマホをいじっている子など、
みんな姿勢が悪いんですね、、、

やっぱりその席は、なんだか暗いというか、
明らかさや前向きさを感じることはありませんでした。

そこへ、部活帰りの男の子達が入ってきました。
運動してきたからでしょうね、
スッキリとした顔で、
全員が前髪を上げ、額は全開です。

そして鍛えているからでしょう、
大きな胸を張り、
堂々と歩いていました

その姿は明るく前向きで、吉相あふれるものでした


どの子達もみんな同じいい子なのかもしれません。

姿勢が良いのもスポーツで筋肉がついてるからで、
額がみえる短髪も、スポーツのため仕方なく・・かもしれません。

ですが、相が変わることで心までも変わるという、
これが典型的な例でしょう。

私がいつも言う「心がダメなら体から」です。

胸を張って前を向いていれば、
自然と自信が出てくる

堂々と額を出していれば、
自然と言動も明らかになる

開運なんて単純なことなのです。


ところで、私も相を変えようと、眉毛の形を変えてみました。
性格がキツイのか、職業柄どうも真理をついてしまうのか・・・

最近あまり夫に愛されていない気がしたので
愛情の相と言われる丸いアーチ眉にしてみました

そうそう 女性は何でも丸いのが吉相ですよ~


まぁ、3日経ちましたが、効果のほどは・・・
また近いうちご報告させて頂きます
2014-07-07 : 心と体 : トラックバック : 0
Pagetop

涅槃の行?!

先日ご相談にこられた女性が、
「とにかく旦那が、ゴロゴロ寝てばかりいる」
と嘆いてらっしゃいました。

疲れているのもわかりますが、
あんまりゴロゴロされると腹がたちますよね~
私にもよぉーくわかります

さて、皆さまは「涅槃-ねはん-」というのをご存知ですか?
お釈迦様が横たわった、涅槃仏は有名ですね。

涅槃とは仏教の概念で、
一切の煩悩が消えた安楽の境地だとされています。

人には百八つの煩悩があると言われるほど、
誰だって悩み苦しみ、そして心を乱すものです。

涅槃とはそんな一切の煩悩が消えた状態・・
とにかく安らかで気持ちいいんでしょうね

ところで、私たちは過去に一度、
その涅槃の状態だった頃があるそうです。

それは、お母さんのお腹の中にいる時だそうです。

この上ない安らぎと喜びに満ちた、至福の時間、、、
赤ちゃんはそんな涅槃の状態なんですね

もしかしたら、さっきのゴロゴロ旦那も、
涅槃の修行をしているんじゃないでしょうか?

お釈迦様が横たわって涅槃に入ったように、
日中のストレスから開放され、
安楽の時を味わっているのかもしれません

まぁ、そんな都合のよい解釈は出来ないかもしれませんが、
腹を立ててこっちが涅槃から遠ざかるより、
なんなと考えて気持ちよく過ごしたいものです

そうそう、リラックスの仕方がわからないという人
修行だと思って、ちょっごゴロゴロしてみてはいかがですか
2014-05-21 : 心と体 : トラックバック : 0
Pagetop

お米を食べて運気UP!

ダイエットの為に「お米を食べない」
という人もいるかと思いますが、

五行思想においてお米は
「五行の理」にかなった
最高の食べ物とされています。

五行とは「木火土金水」の
五つの気が巡ることを意味し、

天地に生きる私たちにもたらされる
森羅万象の巡りを表しています。

木は春、朝、東などで、
これは「はじまりの時」

火は夏、昼、南などで、
これは「盛りの時」

金は秋、夕、西などで、
これは「結実の時」

水は冬、夜、北などで、
これは「収蔵の時」

お米の一生は、
春に種モミをまき、
夏に大きく育ち、
秋に収穫し、
冬は貯蔵というように、

四季の巡りにかなっています。

そしてお米のもつ甘味は、
五行では土です。

私たちは、お米を食べることで、
五行の巡りを取り入れることが出来るのです。

(↓スマホで画像が表示されない方は、
  再読み込みをしてみて下さい)


お米が良いとか悪いとか、
様々な立場の人が、様々な意見をおっしゃいますが、

五行の理は、私たちの奥深くに眠る
自然のリズムです。

皆さんも是非お米をいっぱい食べて、
バランスの良い運勢を保ちましょう


2013-03-09 : 心と体 : トラックバック : 0
Pagetop

整形で運命は変わる?!

昔「ピアスを開けると運命が変わる」なんて言いませんでしたか

最近はプチ整形ぐらいなら気軽にする人も多いようですが、
見た目が変われば運命は変わるのでしょうか・・・?


五行五気の作用は、容姿にも大きく影響しています。

例えばは、目の形や大きさに関係していますし、
は肌肉ということから、顔の肉付きや鼻の形に関係しています。
よくいう「団子鼻」は鼻先の肉付きで、土の影響です。
鼻の高さはに関係し、これは金が肺など呼吸器系に関係しているからです。

輪郭についても、エラが張ったり四角い顔は水や金が関係し、
が強いと顎が小さく小顔になる傾向があります。

これら以外にも、五行と容姿の関係には様々な特徴がありますが、
顔の特徴は、それ自体がその人の五行五気だといえます。
容姿とは、生まれ持った五行五気が顕在化したものなのです。

では「美人や美男は運勢がいいのか?」という質問もよくありますが、
それについては微妙なところです。

なぜなら顔には流行りがあって、
今ではポッテリとした唇がセクシーな女優さんも、
デビュー当時はファンデーションで塗りつぶし、
薄く小さく見せていた・・というのもありますよね。

チャームポイントとウィークポイントは紙一重かもしれません。

このように、いま美人や美男だからといって、運勢が良いとはいえませんが、
時代や国を超えて美形とされる顔には特徴があります。

それは“整っていること”です。シンメトリーという事でしょうか。
目が一重でも二重でも、鼻が大きくても小さくても・・・
全体のバランスが整っているのがキレイと言われる顔です。

そして顔のバランスが整っているということは、
五行バランスも整っているということなのです。

開運には「まずは五行の調和が重要」といわれ、
どこかに大きく偏っていれば、それが問題の根っこです。

そして心も体も同じで、五行の偏りが心の問題、体の症状、
生きにくさ、悩みなどと繋がっていくのです。

ですから、整形で運命が変わるかといえば「NO」です。

見た目が重視の職業につきたいのに、不器量だからスタートラインにも立てない・・・
そんな悩みを抱える人もいるかもしれませんが、五行そして心と体は一つです。

外見を切ったり貼ったりしても、内面・・・それよりもっと根っこの
生まれ持った五行バランスは変わらないので、必ず摩擦がおきます。

“配偶者の定位”を考えても同じです。

例えば配偶者の定位が“木”の人は、心も体も木の人が好きなわけで、
土の人が木の着ぐるみを着たって、やっぱり土には変わりないのです。

ただ、五行が整っているということは、美しいかもしれませんが、
言ってみれば“特徴のなさ”でもあります。・・・普通なのです。

ハリウッドでは「美男美女ほど大根役者」と言われるように、
整った人というのは個性のない“なんちゃない人”なんですね。

五行のどこかが強すぎる・弱すぎるといった偏りは心と体の特徴で、
それが個性として他の人にはない魅力となるのです。

魅力というのは、どこか引っかかるところ、目が行くところ・・・です。

右耳を触るなら、すんなり右手で触るよりも、
“あえて左手で触った方が魅力的に見える”と言われるように、
人はどこか引っかかりがある方が魅力的です。

相性でも適職でも、それは五行という根っこのもとにある訳ですから、
容姿だけを変えてしまおうと思うより、
自分の特徴をより良く見せる努力をしたいですね


2013-01-12 : 心と体 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プ ロ フ ィ ー ル

ようこそ!祐気堂-開運ブログ-へ

漢方薬局で様々な病気に悩む人や
現代医療の限界を目の当たりにし

「人の体は、ロボットのような
パーツの組み合わせではない」
と痛感しました。

心と身体は一つだという事
私たちの中に息づく自然のリズム

そんな神秘にふれ、易経・東洋占術
東洋医学・薬膳の研究をする傍ら

五行五気を多くの方に伝えるべく
古都 奈良の片隅で
「心と体の開運相談」をしています。

目には見えない五気の作用を知り
自分らしく“ありのままに生きる”事

・・・それが一番の開運です。

恋愛・結婚・仕事・人間関係などの
「お悩み相談」から
「女性のための漢方相談」
暮らしに役立つラッキーカラーや
食べ物・四季の養生法など
心と体が元気になる
様々なアドバイスをしています。

ご質問・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

ココロとカラダの開運相談【祐気堂】

http://yuukidou.com/

■お問い合わせは■
order@yuukidou.com



カ レ ン ダ ー

QRコード

QR