カテゴリー内 記事一覧

み~んな神様☆

政治や経済のことはよく分かりませんが
アベノミクスの成長戦略でしたっけ?

私は「今さら経済成長なんて絶対ない!」と、
占い教室でも言っています。

どんな時代であれ、社会であれ、
五行の巡りに逆らうことはありません。

今の日本は季節では秋、時では夕です
いや、もう晩秋・・・
もしかしたら立冬の頃かもしれません。

戦後、「木」である春、朝から始まり
「火」の夏、昼で高度成長を迎えたら
次は「金」で落ち着く
そして「水」の冬、夜という終わり(転換)を迎え
一つの時代の流れが終焉するのです。

どんな時代も社会も、成熟し飽和状態になると、
あとは終わりに向かう。

これが自然の摂理です。

人の一生だって同じ。
生まれて成長して、老いて死んでいく。

天地のもとには、人だって動植物だって、
社会だって、みーんな同じなのです。

まぁ、それはさておき
私の所へは、外国人の方もよくいらっしゃいます。
お近くの韓国や中国、
インドネシアやタイなど東南アジアの方々、
そういえば、アラブの方もいらっしゃいました。

私はそういう方々に、相談内容とは別に、
必ず伝えることがあります。

それは、
「日本で暮らすなら日本の神を敬ってください」
という事です。

変な意味ではありません

そもそも日本の神とは、
特定の神を指すものではありません。

八百万の神と言われるように、
自然そのものが神なのです。

土地風土が人を作ると言いますが、
国籍や肌の色は違っても、

この土地の水を飲むなら「水の神」に、
家を建てるなら「土地の神」に、

それに、夜を過ごすなら、「月の神」「星の神」
目覚めたなら「太陽の神」に感謝してこそ、
心身ともに健全に過ごせるのです。

そういえば私の祖母は、廊下をモップ掛けしながら
「あんたは、よー働いてくれるね~」と、
よくモップを労っていました。

古くなったものを捨てる時にも
「今までありがとう」とお礼を言ってました。

“八百万の神を敬う”というのは、
自然だけでなく、周りのもの全てに感謝して、
大事に使うという事です。

食べ物だってそう、
この土地で育った“命を頂く”のです。

「心の時代」とはそういう事です。
大量生産・大量消費の時代はもう終わりです。

皆様もぜひ身近な神に感謝してお過ごしくださいね。

そうそう
全てが神なのですから、あなただって私だって、
み~んな神様なんですよ
2016-09-30 : ちょっと聞いてちょ~だい(^-^)ノ” : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

おかげさまで丸10年

私が占いを始めてから、
おかげさまで丸10年となりました。

そして11年目となる今年は、
陰陽五行を基にした独自の占い

「五行象-ごぎょうしょう-」が
商標登録されることとなりまして

五行という天地の巡りを、
もっと多くの方にお伝えできればと
ますます張り切っております

長く続けていれば、
占いの“その後”もお聞きすることができます。

「2年後からは良くなりますよ」といっても、
その時は悩みの渦中ですから、
内心「本当かな?」と思うかもしれません。

ですが、そういった方が、
「先生の言うとおりでした」と、
お礼にいらっしゃる事が多くなりました。

また、恋愛相談にいらっしゃった方が、
その後めでたく結婚され
今度はお子さんについて相談にいらっしゃったりと、

そんな嬉しいご縁に感謝しております。

ですが残念なご縁もあります。
「こうしないと、○年後から苦しみますよ」と伝えても
先の事より今の感情が勝ってしまいます。

そうして手立てを打たないまま○年後を向かえ、
「先生の言うとおりでした」と
相談にいらっしゃる事もあります。

そんな相談は、本当に残念に思ってしまいます。


世間には数多くの占いがあります。
googleで「占い」と検索したら、
2360万件もヒットしましたが、

悪い言い方をすれば、
占いは「吉も凶も言うのは簡単

だからこそ、長く続ける事こそが、
一番の信用だと思っています。

私の夢は、いつかお婆さんになった時、
いま相談にいらした方のお子さんの・・・
そのまたお子さんが相談にいらっしゃる事です。

出来れば思いっきり長生きして、
お孫さんどころか、
曾孫さんにまでご縁があれば、
そんな嬉しいことはありません。

「運」とは外からやって来るのではなく、
全ては自身の五行にあります。

“小天地”と呼ばれる“心と体”が、
日々、作っていくのが“運”なのです。

皆さまも、たとえ今が幸せでも、
もし悩みの真っ只中でも、
ぜひぜひ幸せな運勢を、
自分の手で作っていってください。

祐気堂-ゆうきどう-の「祐」には、
「助ける」という意味があります。

「天地の気が自身の助けとなる」という想いから
祐気堂と名付けました。


祐気堂がその“助け”となれば、幸せです


2016-03-29 : ちょっと聞いてちょ~だい(^-^)ノ” : トラックバック : 0
Pagetop

子育てのススメ?!

今日は、私が懇意にさせていただいている、
自然料理研究家 上木めぐみさんのブログを紹介させて頂きます。

「食は命」を提唱され、子供が心身ともに健やかに成長するには、
“毎日の食事”がとても大切だと、料理教室や講演会など様々な活動をされています。

そしてその為には「母となる女性が、心身ともに健やかでないといけない」と、
布ナプキンの推進活動も行ってらっしゃいます。

そのブログのなかで、ちょっと面白い記事があったので、下に紹介させて頂きました。
上木さんもおっしゃるとおり、「あたりまえ」の事なんですが、
一つふたつは思い当たる人もいるんじゃないでしょうか?

【わが子を非行化させる秘訣13条?】
http://ochanoma.blog8.fc2.com/blog-category-31.html
2013-01-18 : ちょっと聞いてちょ~だい(^-^)ノ” : トラックバック : 0
Pagetop

“天才とナントカは紙一重”

“どーでもいい話”ですケド・・・・

漢方の本もそうですが、専門書って高いんですよね~
まぁ需要がないからでしょうが、なんとかならないですかね

いま私が欲しい本を挙げると、漢方の専門書が2万1千円、あと3巻セットのが3万1千円、

他にも漢方系の本が1万円、1万4千円、2万4千円・・・・・・・・・・
ちょっと安いものでも、やっぱり1万円近くするんです。。。。。

なんでもかんでも1万、2万、1万、2万、1万、2万~~~~

昨日も6,300円の本を「安い」と思って買いましたが、
よく考えたら「6,300円の本って ・・・めっちゃ高いやろ~

まぁ、絵画じゃないですが“後世に残すためにも・・・”なんて
大げさな理由をつけて買っていますが、夫はなにも知りません

ところで、私の父方はアカデミックな家系なんですが、
やっぱり一人ぐらいは“変”なのが出てくるんですね

家財道具を売っては本を買うという、“変なおじさん”が居たそうです。

奥さんがミシンをかけながら、爪に火を灯す思いで生活しているのに、
次から次へと家財道具がなくなっていくんですって

そしてある朝 茶の間に行くと、ミシンも消えていたそうです

“天才とナントカは紙一重”とは、よく言ったものですね。


ちなみに五行相関では、この“天才”も“ナントカ”も同じ相気-そうき-で、
四柱推命では印星(印綬・偏印)と呼ばれています。

相気の具体的職業は、学者・研究者・教育者・僧侶・画家・音楽家・医者などなど
何らかの分野で専門の知識や資格、技を持ち、「先生」や「師匠」と呼ばれる人たちです。

“○○道”を極める人もそうで、剣道・柔道・茶道・華道、、、、
役者や漫才師、落語家などの“芸の道”、あと占い師も相気によるものです。

相気は、一般社会を表す“財気”とは相反しますので、
“その道”を極めなければ、浮世ばなれした“ただの変人”

相気が強い人は、そこのところ注意しないといけないですね!

私も“変なオバサン”にならないよう、しっかりと地に足をつけなくては・・・
2012-07-03 : ちょっと聞いてちょ~だい(^-^)ノ” : トラックバック : 0
Pagetop

六星占術にはご注意を!

細木数子さんが独自にあみ出したとされている六星占術は、
「世界で一番売れた占いの本」としてギネスブックにも登録されています。

私のところでも
「六星占術ではこう書いてありましたが、どうですか?」といった質問があったり
こちらが「今年・来年はとても良いですよ」と言っても、
「六星占術では、大殺界なんですけど・・・」と言われたり、
世間には随分と浸透しているようです。

ですから今日は、その仕組みを少し解説させて頂きたいと思います。


この六星占術とは、
簡単にいえば「空亡(くうぼう)占い」「天中殺(てんちゅうさつ)占い」と同じです。

空亡とは、干支の余りのことで、四柱推命でも命式中にこの「空亡」があれば
本来の星の働きを「空しく亡ぼす」という意味から、
運勢に変化を及ぼすとされています。

・・ところで、生まれ年を表すエトは、今でもよく使われていますが、
「エトはうさぎ」のように、「ね・うし・とら・う・たつ・・・」など
12支のことだと思っている方が多いようです。
パソコンで変換してみても分かりますが、「干支(エト)」は干と支ののことです。

◆ではまず、干支(かんし)について説明しますと....

東洋占術では、生年月日時より「星」を出す際に用いられる、
「干支暦-かんしれき-」というのがあります。

干支暦とは、昔の時を表す暦で、昔ながらの日めくりや、時代劇で時間を知らせるときなど
皆さんもどこかで目にしたり、耳にしたことがあるかもしれません。

例えば、阪神タイガースの本拠地「甲子園」は、甲子の年に完成したからですし、
歴史でならった戊辰戦争は戊辰の年の出来事です。

これは、
甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)
庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)...この10個の干

子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)
申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)...この12個の支

1組づつ組み合わせ時を表すもので、順に組み合わせていくと60組できます。

60歳になると、赤いちゃんちゃんこを着て「還暦」のお祝いをしますが、
「還暦」とはこの60組が一巡したことのお祝いです。

例えば丁丑(ひのとうし)の年に生まれた人が、60年後また丁丑が巡ってきた。
ということです。

◆そして空亡とは...

干が10種類で支が12種類、1つづつ組み合わせると支が2つ余ります。
この余った2個の支が空亡とされるのです。

干支干の始めの甲と、
支の始めの子から
順に組み合わせていくと
戌と亥が余ります。
そして今度は、
また干の始めの甲と、
先ほど余った支の戌から
順に組み合わせていくと
次は申と酉が余ります。
このように、
10個の干と12個の支を
全て組み合わせると60組、
その都度、列で余った支が
空亡ということです。
※左表 青文字


ただ、この「空亡」も図をご覧頂くとわかるように、
「余った」とされている支は、次の列では先頭となっています。
ですので、「空亡」を否定されている占術家の方も、多くいらっしゃるのが事実です。

◆六星占術が「空亡占い」や「天中殺占い」と同じ...とは?

六星占術では、運勢を「土星人・金星人・火星人・天星人・木星人・水星人」の
6つの星に分け、それぞれ自分が何星人なのか、
そしてそれにより12年の運気の周期を見ます。

「今は大殺界だから、おとなしくしてよう・・・」と思っている方もおられるでしょうが、
この星の分類法は、生まれた日の「干支」から導き出された「空亡」によります。

6列60組の干支で、自分の生まれた日の干支が属する列の空亡(青文字の2つの支)が、
六星占術でいう「○○星人」なのです。

星人


では、実際に「空亡」を六星占術に置き換え、何星人かを出してみますと。
例えば、1978年4月11日生まれの人の生年月日を、干支暦で表すと、
・1978年は・・・庚戌
・1978年の4月は・・・丙辰
・1978年の4月の11日は・・・癸卯となります。

※この干支暦は四柱推命の本などには必ず記載されており、
  本屋さんで簡単に調べることができます。

生まれた日の干支「癸卯」を上図で探しますと、左から4列目の一番下。空亡は辰巳となり、
「天王星人」だということが分かります。
このように六星占術は、空亡を○○星人に置き換えたものなのです。

そして、それぞれの星人には必ずプラスとマイナスがありますが、
これは、生まれた年の支の「陰陽」に基づいています。
陰陽説では
  「子・寅・辰・午・申・戌」は陽支と言われ、 
  「丑・卯・巳・未・酉・亥」は陰支と言われています。

生まれた年の支が「陽支」なら○○星人プラス、「陰支」なら○○星人マイナスなのです。

最後に、霊合星人についてですが、
霊合星人とは、それぞれの星に付随するもので
本来は12年で1巡する運勢が、倍の速さで巡るとされるものです。

これは、生まれた日から出された空亡が、生まれた年の支である場合に用いられ、
例えば1952年6月17日生まれの人で見ますと
・1952年は・・・壬辰
・6月の17日は・・・甲午となります。

生まれた日の干支を上図で探しますと、左から4列目の一番上、空亡は辰巳となり、
生まれた年の支が同じ「辰」ですので、天王星人の霊合星人となるのです。


以上が六星占術の仕組みですが、東洋占術ではこの生年月日の干支から
まだまだ様々な星が導き出され、細かく運勢を判断していきます。

ですから私としては「これで運勢をどう判断できるのかな?」というのが、率直な意見です。

6種類の星人がそれぞれプラスとマイナスで12種類、霊合星人を入れても24種類。
人の運勢をたったの24に分類してどうこう言うのは、動物占いのレベルでしょう。

とはいえ、会話のなかで「あなたは何星人?」といったように、
これくらいの数の方が一般的には分かりやすいでしょうし、
エンターテイメントとしては、とてもよく出来た占いだと思います。

ただ注意していただきたいのは、これはあくまでもエンターテイメントだという事です。
六星占術で大切な人生を決めている人が、本当に多くいらっしゃいますが、

「六星占術で個人の運勢は分かりませんこれは私が断言します。

100歩譲って六星占術は肯定したとしても、それで個人の性格や運勢はわかりませんし
(では何が分かるのでしょうか・・・
よくある高島易(九星気学)も、分かるのは方位だけで性格や適職、相性など
個人の情報は分かりません。それは、占術の基本「命・卜・相」で決まっているものです。

誰も、悪くなろうと思って占いをする人なんていませんよね・・・
良かれと思ってした事で「結局は人生を振り回された・・・」なんて事のないよう、
皆様も十分ご注意なさってくださいね。。。
2011-11-08 : ちょっと聞いてちょ~だい(^-^)ノ” : トラックバック : 0
Pagetop

私のストレス解消法

いつも長々と書いていますので、今日はちょっと短めに・・・

生活をしていれば、誰だって悩んだりイライラする事はありますよね。
私だって何だかんだと色々ありますが・・・そんな時は走るんです

と偉そーに言っても、3分も走れば「ゼーハー ゼーハー」で
歩いたり、また走ったりと、せいぜい近所をグルグルしているだけですけどね

あれこれ考えると、気血が頭に上って滞り、頭ばっかり疲れます。
だから余計に悶々とするんですよ。

でも体を動かして、外の空気を思いっきり吸えば、
気血が体中を巡り、本当に頭が軽くなって、体もスッキリします。

すると、あっという間に仕事がはかどったり、さっきの事も忘れてたりするんです。

そしてこれは漢方でいう発汗解表作用です。表とは体の表面、外側の事。
気血の巡りをよくして、表をパァ-っと解き放てば、
頭重や肩・うなじのコリ、むくみやダルさだって取れます。
ちょっとした風邪なら、すぐに治ってしまいますよ

どんなに「忙しい・・・」と言っても、5分10分の時間ぐらい作れませんか
本当にスーッとしますから!是非やってみて下さい
2011-10-28 : ちょっと聞いてちょ~だい(^-^)ノ” : トラックバック : 0
Pagetop

「高麗人参酒」漬けました♪

今日はちょっと私事ですが^^

漢方問屋さんから生の高麗人参を仕入れまして^^
さっそく人参酒を作りました。。。

立派な人参でしょ~^^♪このヒゲがたまりません

「どやさ♪どやさ♪」と興奮しながら主人に見せると
「俺には分からん!」と、冷たい返事が返ってきましたが・・・

ninjinshu.jpg

高麗人参は、古来より補気薬(補養薬)の代表薬とされ
字の通り「気」を補ってくれる、最高の漢方薬です♪

また、婦人科系の処方にもよく使われ、冷え性をはじめ様々な女性の悩みにも
「万能の生薬」「不老長寿の霊薬」として
二千年もの昔から、多くの女性に珍重されてきました。

処方では「十全大補湯」や「補中益気湯」「六君子湯」などがあります。

特に酒漬けにすると、人参の効能とアルコールとの相乗効果で
血の巡りが良くなって、体の隅々まで人参が染み渡り
体がポッカポカになるんです^^!

本当は、冬を迎える前に漬けたかったんですが・・・なにかと忙しくて
漬けあがるのが楽しみです!


ご興味のある方お問い合わせはお気軽にどうぞ↓

心と体の開運相談 祐気堂



2010-12-19 : ちょっと聞いてちょ~だい(^-^)ノ” : トラックバック : 0
Pagetop

【私自身が実践しています】

占い師の中には「自分自身のことは、別の占い師にみてもらう」という人が多くいるようで、
「自分の事となると感情が入ってしまうから・・・」というのが、一番の理由のようです。
ですが私としては、それはどうかな??と思ってしまいます。

本来占いとは、感情で進む方向が変わるなんてありえません。
というより、生年月日時から導き出された“五行五気の作用”とは、
意思や感情よりも、もっともっと深い所で自分自身を形作るものです。

自分のことでも、家族のことでも、好きな人でも、嫌いな人でも、、、
占う相手がたとえ誰であっても、五気の作用はそれぞれ決まったもので、
もっと言えばどの占術で占っても、吉凶結果は同じになるはずなのです。

たまに相談者の方から、こちらが「良い」といった事について
「別の占いでは、悪いと言われましたが・・・」と言われる事があるのですが
そんな時、私は必ず「自分が一番の実践者なんですよ」と言います。

-------------------------------------------------------------------------
私は赤ちゃんの頃、なかなかハイハイが出来なかったらしく
病院で「生まれつき少し足腰が弱い」と言われたそうです。

足腰とは水の気である“腎”が司り、西洋医学でいう腎臓だけでなく、
その周囲の下腹部全般や、腰から下の下半身をあらわします。
また“先天の気”とも言われ、生まれ持った元気や生命力、
生殖機能などにも大きく関わっています。

その腎が弱い事を、東洋医学では“腎虚-じんきょ-”と言いますが
私のように生まれつき足腰が弱いというのは、明らかに“腎虚”で
疲れやすく、あまり元気に走り回る子供ではありませんでした。

よく「お年寄りは足腰を鍛えると良い」と言われるように、
腎虚の状態とはお年寄りの様な感じです。そして体がそうですから心も・・・^^;
小さい頃からよく「年寄りくさい子^^;」と言われたのを覚えています。

ただ、年寄りくさいのは別にいいとしても、腎虚なわけですから
元気や生命力も弱く、毎日ただ学校に通うだけでくたびれていましたし
遠足なんかで歩き回った日には、もうグッタリ(´Д`) でした。

するとやはり人生を切り開いていく力も弱くなり、恋愛・結婚・出産など
誰しもが当たり前のように経験する“人生のイベント”にも縁遠くなっていくのです。

ほんとうなら、さぁ!これから頑張らないといけない時に
もう全てを終えて“すっかり隠居したお年寄り”の状態だったんですね。。。

ですが、五行五気というものを知ってからは、腎を養う漢方薬を服用したり、
毎日ウォーキングをして足腰を鍛えたり、温めたり・・・と、
とにかく腎を養うよう日々心がけました。

そして結婚をするときも家を買うときも、人生の転機となる事は必ず自分で占います。
自分や家族にとって良い五気が巡るときを選び、
悪い時には次に訪れる春を静かに待ちます。

おかげで今ではすっかりパワーアップして*^^* 
毎日、家族と平穏無事に・・・“普通”に暮らしています。

生まれ持った五気、そして1年ごと、10年ごとに巡り来る五気は
自分自身の体を良くも悪くも決定づけてしまいます。

ですが不調とは乱れのサインですから、それを癒せば快調!開運です。

五行五気は私が一番の実践者です。ですから安心して、そして信頼くださって
ぜひ一度ご相談下されば、、、と思っています。

2010-12-01 : ちょっと聞いてちょ~だい(^-^)ノ” : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プ ロ フ ィ ー ル

ようこそ!祐気堂-開運ブログ-へ

漢方薬局で様々な病気に悩む人や
現代医療の限界を目の当たりにし

「人の体は、ロボットのような
パーツの組み合わせではない」
と痛感しました。

心と身体は一つだという事
私たちの中に息づく自然のリズム

そんな神秘にふれ、易経・東洋占術
東洋医学・薬膳の研究をする傍ら

五行五気を多くの方に伝えるべく
古都 奈良の片隅で
「心と体の開運相談」をしています。

目には見えない五気の作用を知り
自分らしく“ありのままに生きる”事

・・・それが一番の開運です。

恋愛・結婚・仕事・人間関係などの
「お悩み相談」から
「女性のための漢方相談」
暮らしに役立つラッキーカラーや
食べ物・四季の養生法など
心と体が元気になる
様々なアドバイスをしています。

ご質問・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

ココロとカラダの開運相談【祐気堂】

http://yuukidou.com/

■お問い合わせは■
order@yuukidou.com



カ レ ン ダ ー

QRコード

QR