奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
受け取り方と伝え方
以前、主人と喧嘩をした時、
「そんなつもりじゃないのに~
と弁解する私に、

「どんなつもりであれ、
 聞いた側がそう感じたんなら、
 それが真実・・」

「って、あんたが前に言ったんやろ
と言い返されました

ぐうの音も出ませんでした

確かにその通りで、
「そんなつもりじゃなかった」とか
「良かれと思って」と言ったって、

どう受け取るかは、
相手の問題です。

自分は褒めたつもりでも
相手が嫌味と感じたんなら
それは嫌味ですし、

アドバイスをしたつもりでも、
相手が文句と感じたんなら
それは文句なんですね

人は自分のフィルターを通してしか、
物事を理解しないものです。

そういえば、
薬局に勤務していた頃、

「もうちょっと痩せて下さいね」
そうアドバイスする事も多かったのですが、

ある時、ガリガリになるまで
痩せて来られた人がいて・・

伝え方、受け取り方って難しいな~
と、頭を抱えたものです


さて、夫婦関係や子育て、
周りとの人間関係でも、

それぞれの五行象をみれば、
受け取り方・伝え方がわかります。

「この人は、こう受け取りますよ」とか、
「こう伝えた方がいいですよ」など、

それが分かれば、
余計な摩擦や行き違いも
少しはマシになりますね

【2017/11/19 20:52 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


良い時期と悪い時期
人間生きていれば、誰だって
良いこともあれば、悪いこともあります。

どんなに良い日取りを選んでも、
離婚する人はいるし、
病気にだってなります。

そんなことを言ってしまえば、
「縁起なんて関係ないのか?」と
思ってしまいますが

ですが、やっぱり
出会いや結婚、転居、大きな買い物など、
大きな決断をするのに、
良い時期・悪い時期はあるのです。

例えば、
気分のいい日に、気分よく買ったものは、
いつまでたってもお気に入りですよね

反対に、
最悪の日に、ヤケクソで買ったものは、
そんなに欲しくないものだったり、
ただただ無駄遣いだった・・
って事もあります

運勢だって同じです。

良い時期に出会って、結婚をしたとしても
もちろん喧嘩もあるでしょうし、
1度や2度、離婚の危機が訪れるかもしれません。

でも、良い時期に出会ったのなら、
なんだかんだ言っても、
やっぱり良い相手なのです。

そして、悪い時期に選んだ相手や
決めた事というのは、
いくら枝葉を取り繕っても、
やっぱり根っこがダメなんです。

「五行象」では、
10年に1年ずつ巡る年運と、
一生のうちに10年間巡る10年運から、

持って生まれた運勢に最適な、
「良い時期と悪い時期」を知ることが出来ます。

皆さんも、自分の良い時期を知り、
良い波に乗ってくださいね



【2017/11/04 13:51 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


帝王切開と分娩日
今日、占い教室のお生徒さんから、
帝王切開の分娩日について
質問がありました。

せっかく日にちを決められるのなら、
良い日に産んであげたいですよね

世間では、
人為的に決めた日にちだから、
「運勢が変わってしまったんじゃないか・・」
「自然に産んでいれば、また違ったかも・・」と、

なにかと“人為的”なことについて
ネガティブな印象を持たれがちです。

無痛分娩なんかもそうで、
「自然に産むべきだ」とか、
「産みの痛みが母親にさせる」
そんな風に言われたりしますが、

じゃあ、安産でスポンッと産むより
難産で苦しんだ方が
愛情が湧くんでしょうか
そんな訳ないですよね

さてさて、
「生年月日と魂魄」でも書いていますが、
人の運勢は、
オギャーッと生まれた瞬間に始まります。

産まれた時の天地の陰陽五行が、
その人の心と体を形作るのです。

ですから、出産日を決められるのなら、
子供にとって最善の運勢
選んであげたいですよね

ちなみに、好きな日を決めるといっても、
年と月はもう変えられないでしょうから、

決められるのは、
生まれ日で変わる「我が身」です。

これで大まかな性格資質
両親や家族との相性が決まり、

どんなふうに育つかや、
内向的な子か、外向的な子か、
その他、だいたいの適職
金運なども決まります。

もし計画的に子作りをして、
しかも帝王切開でというのなら、
生年月日時の全てで「ここ」という日を
狙えるかもしれません。

そうなれば、もっと細かい運勢まで
考えてあげることが出来ますね




【2017/10/24 21:52 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


気持ちのドーナツ化現象
先日、相談にいらした方が、
夫婦の事や家族の事・・

色んな事が混ざり合って
“いっぱいいっぱい”になってらっしゃったのですが、

話を伺っていると「ん?」

「結局はヤキモチじゃないですか?」
私がそう言うと、「ハッ!」とされました。

そして、「自分でもなんとなく分かっていた」と

ヤキモチを焼いたことを素直に言えず、
ちょっと外れた所を必死につつくんですね

これを「気持ちのドーナツ化現象」と呼んでいます

真ん中の部分が全く抜けているのですから、
いくら周りを詰めたって、何も解決しません。

本当は“女性”の部分が傷ついたんですけどね

あれこれ考えるうちに、もうゴチャゴチャになって
自分が何を不満に思っているのか分からなくなる。
そんな方はわりと多くいらっしゃいます。

そして、この“素直に弱みを見せられない”
それが幼少期の経験からくるものなら
「親の定位」に出ますし、

過去の異性関係からくるものなら
「配偶者の定位」にはっきり出ています。

皆さまも、無駄に悩んだりせず
ドーナツの真ん中を埋められるといいですね

【2017/08/28 10:24 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


五行も人の人生も
先日、相談にいらっしゃった方に
「五行はなぜ五なんですか?」と聞かれました。

詳しく言うと色々ありますが、
簡単に言えば、この世界 森羅万象は、
“どんな事象も5つほど”という考えからです。

そして複雑な社会も、多様な人の性格も人生も、
枝葉を見れば千差万別ですが、
大元は“5つほど”ということなのです。

私も10年占いをしてきて、
それはそれは色んな悩みを聞きましたが、

問題の根っこは、確かに“5つほど”・・
本当にその通りだと感じます。

年齢や環境、立場、
それにどんなに社会が変わっても、

人の悩みというのは尽きないけれど、
また変わらないものでもあるんですね。

そういえば
私は時代劇や時代小説が好きなんですが

井戸端でお喋りをする奥さん方も、
現代の私たちと同じような不満を言っていますし、

調略や謀略と戦う武将たちも、
現代のサラリーマンと同じですものね。

そう考えれば五行というのは古代の経験の書
どんな悩みの答えも、導き出してくれるものなのです


【2017/08/14 21:29 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


そうか向いていないのか
人は誰でも、性格はもちろん、
向いている職業や環境など、
それぞれ“生まれ持ったもの”があります。

ですが社会というのは、
だいたい普通が一番
周りと同じが一番

そんな“皆”と同じように生きられる人はいいですが、
そうでない人も多くいます。

「どうしてうちの子は・・」
「どうして私は・・」

普通の事なのに“生きづらい”
そんな悩みも多く寄せられます。


さて、私は時代劇が大好きでして
五行象で勝手に名づけたカテゴリーがあります。

その中でも「町人」というカテゴリーが、
先ほどの“社会で普通に暮らす”ことに適した人です。

「人・もの・お金・社会」をあらわすのが町人で、
大多数の人がこれに当たります。

社会性があり、皆と同じように結婚し子供を育て、
食べるために働く、生活の為に働く
そんな地に足のついた人たちです。

ですが、「町人」ではない人もいるのです。
それが生きづらさを感じてしまう人です。

人間関係に悩むのもそうですし、
皆と同じように勉強、就職、結婚など・・・
どうしても違和感を感じてしまいます。

仕事だってそうです。
大多数の「町人」からすれば、
「働いて稼ぐのが当たり前」なのですが、

怠け者という訳ではなく、生来“食べるため”とか
“生活のため”という事に生きがいを感じられません。
ですから、当たり前の事が苦痛で仕方ないのです。


私はいつも、そんな「町人」以外の人には、
「向いていないから仕方がない」と伝えます

だから遊んで暮らせばいいという事ではありませんが、
だいたいの人は「なぜ生きづらいのか」が分からない・・
だから悩んでいるのです

「そうか向いていないのか」と
良い意味で諦めたり、割り切ったりするだけで、
随分と楽になるようですよ

五行象には、「町人」以外にも
「お武士さま」や「お殿さま」などなど
色んなカテゴリーがあります。

できる事なら、自分にあった環境で暮らしたいですね


【2017/07/24 14:09 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


唇から愛
先日、「仕事も恋愛も・・何もかもうまく行かない」
という男性が相談に来られました。

4歳の時に両親を亡くし、
それから親戚の家を転々と預けられたそうで、
「愛されたことがない」とおっしゃっていました

確かに“愛”とは大切なもので、
子供の学力も親の愛が関係すると言われています。
愛とは絶対的な“安心感”なのでしょう。

さて、
人相学では、唇は“愛情”を表します。

分厚い唇は情の厚さを表し、
逆に薄い唇は情の薄さを表しています。

そして、上唇は“与える愛”
下唇は“受ける愛”を示します。


さてさて、先ほどの相談の男性ですが、

他人の中で育ち、愛を受けなかった・・とおっしゃいますが、
お顔を拝見すると唇はプックリ分厚く、
それも下唇のほうがポッテリしているではありませんか

これは、たっぷりと愛を受けた証拠です

「よーく思い返してみてください」とお伝えしたら、
後日「“他人”だと心を閉ざしていたのは自分だった」
「たくさんの両親に申し訳なかった」と、電話をくださいました。


人は誰でも、自分の都合のいいようにしか捉えませんし
都合のいいようにしか記憶しません。

ですが“自分の気持ち”以外のところに
本当の姿が表れているものなんですよ


【2017/06/22 23:41 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


五行象の「内と外」
皆さん節分の日は「福は内~ 鬼は外~」と
豆まきなさいましたか

さて、その内外には関係ありませんが
五行象には「我が身」を中心に、
「内と外」という働きがあります。

「内」とは、自分の気持ちなど内面的なことや、
親や家族など、内側の人(身内)との縁を表します。

「外」とは、客観的、外面的なことや、
職場や地域など、外側の人(他人)との縁を表します。

例えば「内」が強い人は、
一人の時間を優先し、趣味など自分の心の満足を優先します。
また“気持ち”など、自分の内面的な充実を優先します。

スポーツも個人競技を好んだり、
人に聞くより自分で調べる、
そしてその過程が好きだったりします。

女性の場合は、結婚後も自分の両親と関わることが多く、
夫の家族とはあまり関わりません。

このタイプは、周りから見れば孤独だったとしても、
本人は意外と満足している場合が多いですし、

「別に他人はどうであれ」と、
あまり周りに左右されないので、
心の充実度は高いといえます。

ただ、それも過ぎると「自己完結型」が強まり、
人の意見を聞かない、協調性がない、
極端な考え、なんでも否定的などとなり、

本当に「孤独な人」にならないよう、
注意が必要です

反対に「外」が強い人は、
早くに親元を離れて自活したり、
一人の時間を過ごすより
友達といることを好みます。

そして、親から手取り足取り学ぶより、
社会の中で自分で学ぶことが多いです。

スポーツなども団体競技を好んだり、
周りの人と試行錯誤しながら、
みんなで作り上げることを好みます。

女性の場合は、結婚後も自分の親や兄弟より、
夫の家族との関りが強くなります。

このタイプは、仕事・結婚・出産・子育てなど、
実社会での一通りの生活が充実しています。

交友関係も広く、いわゆる「リア充」の人ですが、
ただそれも過ぎると、体裁ばかりに囚われたり、
すぐ人と比べたり、価値観が外にあるので、
自分の本当の幸せに気づかない傾向があります。

結果、物質的には恵まれているのに、
心は寂しい・・
そうならないように、注意が必要です。


さて、皆さんはどちらのタイプでしょうか
実際の五行象では、他にも細かいバランスがあり、
それらを総合して判断しますが、
この「内と外」で、おおまかな傾向は決まります。

皆さんも、自分のタイプを活かして、
充実した毎日をお過ごしくださいね
【2017/02/09 12:24 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


2016年〝注意″の五行
大阪の高槻市の事件はご存知でしょうか?
あんな小さい子供を..
本当に許せないです。

こういう悲惨な事件があると、
「やっぱり運勢が悪かったんですか?」
と質問されることが多いのですが、

たとえば交通事故ですが、
この場合は、漏気の時期に多くなります、

漏気とは我が身から〝気が漏れる″状態で、
注意が散漫になったり、
「うっかり」する事が多くなり、
結果、事故に繋がるのです。

ほかにも怪我やヤケド等も、
漏気の時期に多く起こります。

いずれも、もう少し落ち着いて、
自身の行動に注意を払えば、
避けられることですね

我が身が「木」の人は、
来年・再来年は、漏気の「火」が巡ります。
十分に注意なさって下さい。

さて、
では今回の高槻事件のような場合ですが、
これは、〝本人の不注意″といった、
〝単独の事象″ではありません。

〝あの日、あの時間、あの場所で
犯人と遭遇してしまった″という、
偶然性にもよるものです。

これは、天災にもよく似たことで、
本人の運勢はあまり関係ありません。

もし警察に補導でもされていれば・・
もし誰かが声をかけていれば・・
もし親が行かせなければ・・

そんな風に、2人の〝結果″は
本人や犯人だけでなく、
周りの人々にも委ねられていました。

ですが、いくつもの救済の機が、
いずれも作用することなく、
最悪の結果へと導かれてしまったのです。

だからこそ、
余計に悔しくて仕方がないのですが、

ただ、運気の巡りで、
悪いほうを選んだり、
危険なほうへ行ってしまう・・
そんな時期はあります。

1つ目は、四柱推命では
「劫財」と呼ばれるものです。

これは〝裏の自我″とされ、
普通は抑えられるはずの「悪い感情」が
表に出ることを意味します。

2つ目は、先述の漏気の一つ、
四柱推命では「傷官」と呼ばれるものです。

これは〝暗い自我″とされ、
死や危険に対して〝墜ちていく″感情です。

これらがもともと強い人や、
年運で強まる時期には、
事件や事故に巻き込まれる傾向が強まります。

私たちは、普通なら〝危険なニオイ″を感じ、
自ら避けるようになっています。

ですが「劫財」や「傷官」などが巡る時期は、
そんな感覚が鈍る傾向があるのです。

我が身が「丁(陰火)」の人は、
来年は劫財が巡ります。

我が身が「乙(陰木)」の人は、
来年は傷官が巡ります。

詳しくは、我が身の強弱や
他の五行バランスにもよりますが、

いずれにしても、
注意をして損はありません。


残念ながら、世の中には悪いヤツがいます。
また、天災のように人知の及ばぬこともあります。

そんな被害に遭うかどうかは
「あみだくじ」にも似ていて、

何本もの線をたどった先に
結果があります。

小さな危険を感じる感覚を持ち、
そのつど避けて行くことで、

「大難は小難に、小難は無難に」
収めることができるのです。

そんな風に、ぜひ皆様も
自身や大切な人を守ってください。

最後になりましたが、
亡くなられた二人のお子さんの
冥福をお祈り申し上げます。

そして、
どうしても我慢できないので一言
「犯人は死ね!」 以上
【2015/09/11 10:07 】
| 占いでわかること | コメント(1) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


悩んでいるのは「どっちもどっち」
恋愛相談ではよく、
「AさんとBさん、どちらが良いでしょう?」
という相談があります。

例えば、
Aさんと付き合っているけれど、
Bさんに告白されてしまった・・・

Aさんと離婚しようと悩んでいる時に、
Bさんと知り合い、いずれ再婚を考えている・・・

お見合いでAさんとBさんを紹介された・・・などなど、

どちらも良い人だけれども
どちらかに決めかねている
というのは、よくある相談です。

どちらが相性が良いのか、
とても気になるところでしょうが、

実際のところ、
お相手にはとっても失礼ですが

自分が“決めかねている”時点で、
“どっちもどっち”がほとんどです

収入や職業や家柄、
見た目や楽しさなど、

細かく比べてしまう程、
どちらにも決定打がないわけですからね

そして、そんな場合は運勢も
“どっちもどっち”の場合が多いのです

ですから、「どちらが良いですか?」
と相談されても、
「ん~、わかりません」
と言ってしまうことがあります

占い相談をしていて、「わかりません」なんて、
本当ならありえない話かもしれませんが、
実はそうではないんですよ~

どちらが良いのではなく、
「留まるべきか、進むべきか」
運勢には、まずこの大きな違いがあります。

運勢には、
受け身でいるほうが良い人と、
自ら進むほうが良い人とがいます。

AさんBさんどちらにしても、
受け身の運勢なら、
今いる彼や旦那さんとやり直す方がよく、

自ら進む運勢なら、
思い切って人生を掛けてみるべきなのです。

留まるか進むか・・
この生まれ持った運勢は、とっても重要です。

お見合いで紹介された場合は、
受け身の運勢なら、
よりアプローチしてくれる方を選んだようが良く、

自ら進む運勢なら、
AさんかBさんかを決めずに、
CさんDさんと・・・もっと会えば良いでしょう。

そして、生まれ持った運勢に加え、
1年ごと、10年ごとに巡る年運も影響します。

本来は受け身の人でも、今この時期には
「思い切って進んでください
逆に、自ら進む人でも
「今はじっと我慢して下さい

そんな風に、自分の運勢に従った動き方が大切なのです。

いつも言っていますが、
占いは「心と身体の天気予報」です

とんでもない時に、
とんでもない行動を起こさないように

ぜひぜひ皆様も、人生の岐路を大事にお考え下さいね
【2015/05/26 15:49 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


| ホーム | 次ページ