奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
女性の立身出世と孤独運
生まれ持った五行バランスで、
仕事運・立身出世運をあらわす「剋気」は、
女性では夫運もあらわしています。

そもそも「剋気」とは、
我が身の「考えや想いを抑え、我慢し、
置かれた環境に順応する」という働きです。

「剋気」が強い人というのは、
無理に我を通すのではなく、
その時々の状況を理解して譲ったり、合わせたり、
時には我慢する事ができるのです。


ただし、これは1つの「枠」に従ってのことです。

剋気は、適職が会社員や公務員とされるように、
会社や国など限られた「枠」に順応するのです。

剋気は女性にとっての夫運。
女性が仕事をもつと、剋気は会社という枠で働き、
そのぶん夫運は薄くなるのです。

キャリアウーマンという言葉じたいが
もう“死語”だといわれるくらい、
今では男性と同様に仕事を持つ女性が増えています。

社会の流れも「女性はどんどん社会に出よう」なんて言ってますが、
私は大反対です

また、“社会”というのは財気の働きですが、
財気は女性にとって、姑や夫側の家族をあらわします。

女性が自分の社会・・・会社の人や友達など・・・を持つと、
これもまた姑や夫側の家族との関係は薄まります。

薄まるというより、
財気の働きは「関心・気配り・気遣い」ですから、
夫側の家族や友人に対して、
配慮が足りなくなるのです。

それは決して「よく出来た嫁」ではありませんね
となると夫との関係も悪くなる・・・

女性は仕事で頑張れば頑張るほど、
プライベートは寂しいものになるのです。

一生独身でいくのなら何の問題もありませんが、
結婚をしたいのであれば、
女性は“自分の身を立てる”事は考えず、
ぜひ「幸せな家庭」「いい夫」という枠を見つけたいですね



これは剋気についてのお話です。
もともと剋気が弱い女性は、
いずれの枠にもはまりませんので、
また違った結婚運・夫運となります。
→「それ当たってないかもよ♪」

【2014/07/31 10:04 】
| 男♂と女♀(恋愛・結婚・夫婦) | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


「土」と土用と安定
昨日29日は「土用の丑の日」でしたが、
皆さま鰻は召し上がりましたか

「土用」といえば、夏の土用が有名ですが、
本当は年に4回あります。

立春・立夏・立秋・立冬の前18日間を「土用」といい、
五行では「土」が支配します。

前回の記事→「私たちの中の天地陰陽」でも情緒について触れましたが、
情緒とは自然によって培われるものです。

青い空をみて晴れやかな気持ちになったり、
沈んでいく太陽を見て寂しくなったり、
枯れた木々を見て気持ちが沈んだり、

私たちの心と体は、そんな自然の移り変わりに、
大きく影響されているのです。

開放的で活動的な「夏」から、
急に「秋」を迎えたら・・・
心と体はそれについていけず、変調をきたします。
すると、
kin-sikitaihyou.gif

五臓-肺が傷つき
五変-咳が出て
五志-悲しくなるのです。

他の季節も同じです。
例えば「冬」から準備もなく「春」を迎えると、

五臓-肝が傷つき
五変-握(緊張して)
五志-怒(イライラ)するのです。

土の五季「土用」とは、
そんな季節の間の安定剤なのです。


下図をご覧下さい、
「木の春・火の夏・金の秋・水の冬」の四季の中心に、
土の土用があります。
doyoutoha.gif

また下図は人体の五行図ですが
同じように「木の肝・火の心・金の肺・水の腎」の中心に、
土の五臓「脾」があります。
gogyoujintai.gif

(※「脾」とは現在の脾臓ではなく、口から肛門までの一本の管、消化器系をいいます)


「土」は五行の中心
他の四気「木火金水」の旺衰による、
心と体の変調を防ぎ、安定をもたらしてくれるのです。

ですから、季節の変わり目に弱い人や、
情緒が不安定な人というのは、
必ず「土」が弱く、そして胃腸が弱い人です。
食の細い人も多いようですね。
(逆に過食傾向の人もいます)

ちなみに私も胃腸が弱いです


「土」が強いか弱いかは、簡単に判断できます。
土の五蓄は「牛」ですので、
牛肉をガッツリ食べられる人は、
「土」が強く胃腸が丈夫です

昔から「食力」と言われるように、
食べる(食べられる)ことが、
心と体の安定につながるんです

立秋まであと1週間・・・
私も、暑いからとビールばかり飲んでいてはダメですね
反省です...

そうそう「土」の五竅は「口」です。
口や口の周りに吹き出物が出来るのは、
「土」の乱れ、胃腸の疲れのサインです。

ぜひこの土用は、刺激の強いものや、冷たいものの飲食を控え、
迎える秋に備えて、胃腸を労って下さいね。

でないと・・・
秋に寂しさに打ちひしがれるかもしれませんよ~チーン...


関連記事
→「秋は物悲しい季節」
→「牛の反芻(はんすう)?!」
→「土の人ってどんな人?」
【2014/07/30 18:19 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


私たちの中の「天地陰陽」
お恥ずかしながら、私は少々“情緒不安定”です

そもそも人の情緒とは、
自然からのみ養われるもので、

四季の巡りによる暑さや寒さ、
雨や風、そして土や木々の匂い・・

そういった自然の変化に、良くも悪くも敏感なんですね

言い訳ではありませんが、
情緒が豊かでもあるのです



さて、陰陽論や陰陽説といわれるものは、

陰・・・地、暗、重、柔、静、冷、下降、消極的、受動的など
陽・・・天、明、軽、剛、動、熱、上昇、積極的、能動的など

そして、冬と夏、夜と昼、女と男、裏と表、腹と背など
万物は2つの相反する性質により成り立つとされるものです。

これらは真逆のものではあるけれど元は一つ、
「陰きわまれば陽に転ず」と言われるように、
すべては表裏一体だということを教えています。

情緒の豊かさも、過ぎれば情緒不安定というように、
どんなことも一側面だけをみて、良いも悪いも言えません。

物事には必ず、二つの側面があるのです。


例えば、よく気の付く人というのは、
相手の欠点にだってよく気付きます。
そのため、不満の多い人でもあります。

「柔軟だな~」と思う人も、
ただ「何も考えていないだけ」かもしれませんし、

前向きな人も、学習能力がないだけかもしれません。

打たれ強い人は懲りない人、
優しい人は受身な人・・・

逆に、冷たい人だと思っていても、
ここ一番、冷静で物怖じせず、
頼りになる人かもしれません


人は相手に対してや、何か問題に直面した時、
どうしても一側面だけを見て一喜一憂してしまいます。

ですが良い面も悪い面も、
全部ひっくるめて1つ。

そんな風に陰陽を理解できれば、
日々もまた、穏やかなものになるのでしょうね

【2014/07/28 19:37 】
| 天地陰陽のお話 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


結婚は早い者勝ち!
いま「良い人がいない」と思っている女性はもちろん、
好意を寄せてくれている男性がいるのに、
「ピンとこない・・」なんて思ってる女性はいませんか?

そんなのんびりしている場合じゃありませんよ
よぉーく見て下さい、
その人は、結婚相手として最高の人かもしれません

トキメクとか、ドキドキするとか、
一緒にいて楽しいとか

恋する気持ちって素敵ですよね
私だってそんな甘~い蜜の味
一つや二つは知ってます

だけど、そんな「気持ち」ばかりを大切にしてませんか?

気持ちというのは、自分が勝手に思っているだけ、
目にも見えないし手にもとれません。

気持ちというのはまるで匂いのように、
時間が経てば消えていくものなのです。

そして残るのが、目に見える現実です。

年収がいくらだったとか、
誠実で真面目な人だった、
結婚しようと言ってくれていた、
すごく子供を欲しがっていた、

そういう相手というのは、
自分の勝手な「気持ち」以外
実はパーフェクトなんですよね

そして匂いが消えてから、
「あーあの人と結婚していれば、幸せだっただろうなー」と気づくのです。

ですが、気づいた頃にはもう後の祭り..
そんな良い男性を、世の女性が見逃すわけがありません。

こっちが「何か違う」「ピンと来ない」と
空を掴んでいるうちに
みんな結婚していくのです。


そう結婚は早い者勝ち!
まるでイス取りゲームですよ

相談に来られるアラフォー女性も、
今となって「あの人の何がそんなに嫌だったんだろう・・?」とおっしゃる方ばかりです。

そしてやっと目が覚めて周りを見渡すのですが、
残っている男性というのは・・・

残念ながら、誰も座らなかったイスなのです...


関連記事→「気持ちなんてあやふやなもの」
【2014/07/23 10:20 】
| 男♂と女♀(恋愛・結婚・夫婦) | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


悩みの元凶
人は誰でも、少なからず何かしらの悩みを抱えていますが、

日々相談をお聞きしていて思うのが、
「本当のところ」に気づいていない方が多いことです。

例えば、今なにかで悩んでいても、
経済的に余裕があれば、
そんなことで悩んでいなかったり・・・

結婚さえしていれば、
別にどうでもいい事だったり・・・

夫とうまくいっていれば、
別に悩むほどの事じゃなかったり・・・


だけど人は、意外と自分の心に嘘をつくもので、
本当のところに気づかないことが多いようです。

なぜなら、それが自分の一番弱いところで、苦手なところで、
結局どうすればいいか分からない部分だからです。

ですから手近なところで問題を解決しようとし、
ごまかしごまかし生きているのです。

そして、どうでもいい事をあれこれ悩むうちに、
いつの間にか、本当のところが分からなくなるのです。

心がまるで、グチャグチャに絡まったイヤホンのコードみたいです
あれって、いつの間にか絡まりますよね~
私なんて、直しているうちに一曲終わりそうです



よく相談を受けて
「本当のところはお金でしょ?」とか
「本当は結婚願望があるんでしょ?」と言うと、
一気に心のコードが解ける方がいます。

「痛いところを突かれた」なんてレベルではなく、
ごまかすうちに、本人も全く気づかなくなっていたんでしょうね

「目からウロコです」なんていって、スッキリ帰られます。

これは悩みの元凶だけでなく、
問題の元凶でもあります。

私も最近いろいろとありまして、
その元凶とやらを考えてみましたが、
「やっぱりこれか・・・」という所でした

掛け違えたボタンは、いつまで経っても掛け違えたまま
本当のところは何なのか、、、一度ちゃんと考えてみたいですね
その悩み、見当はずれかもしれませんよ
【2014/07/21 15:02 】
| 占いでわかること | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


| ホーム | 次ページ