奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
天地陰陽と自律神経
占いや漢方などの基となる東洋思想には、
「陰陽」という概念があります。

天地の森羅万象すべてのものは、
必ず、相反する2つの働きにより
成り立っているとされています。

「陽」は太陽に象徴され、
男性(男性的)、能動的・積極的
剛健・激しさなどを表し、

「陰」は月に象徴され、
女性(女性的)、受動的・消極的
柔和・穏やかさなどを表します。

天地陰陽については、
天地陰陽と「男と女」も是非ご覧くださいね

さて、陰陽は自律神経の働きでもあります。

「陽」は「交感神経」で、
これは活動の神経とされ、
日中に優位になります。

心身は緊張・興奮し、心拍数・血圧も上昇、
活発に活動させます。

大昔、狩りをするのが交感神経優位の状態で、
「闘争・逃走の神経」とも言われています。

「陰」は「副交感神経」で、
これは休息の神経とされ、
夜間に優位になります。

心身は緩み・沈静し、心拍数・血圧も下降、
ゆったりリラックスした状態です。

交感神経とは反対の働きで、
大昔、狩りを終えて食事をし、
のんびり休んでいた状態です。

ですから副交感神経が優位だと
胃腸の働きも活発になり、

反対に交感神経が優位だと
胃腸の働きは抑制されます。

そりゃそうです
狩りや戦いの最中に
のんびり用を足していたら
命を失いかねませんからね

そして、副交感神経が優位になると
痛みが増長します。

日中は平気なのに、
夜になると痛み出す・・
そんな経験ありませんか?

これも、狩りや戦いの最中は怪我をしやすく、
交感神経が優位になることで心身が緊張・興奮し、
痛みを感じにくくしているのです。
「痛い痛い」と騒いでる暇はありませんからね

そして、夜リラックスして
副交感神経が優位になると

血流が促進され痛みも増長するのです。
そして治癒しやすくもしているのです。

このように、私たちの心と体は
太古の昔より、太陽と月に表される昼と夜、
活動と休息、緊張と弛緩などの
「陰陽」2つのバランスを保ち生きてきたのです。

昼と夜

ですが、時代や社会が移り変わり、
ライフスタイルが変化していく中で、

心身の陰陽のバランスを
崩している方が多くいます。

東洋医学には、
「陰虚」と「陽虚」という証がありますが、

「陰虚」とは、
陰が虚しているという意味で、

心と体がずーっと真っ昼間、
戦闘状態といった状態です

反対に「陽虚」とは、
陽が虚しているという意味で、

心と体がずーっと夜のように
リラックス状態、ダラーっとした状態ですね

そうなれば、夜は眠ることが出来なかったり、
逆に日中は眠く、ヤル気がでなかったりと、
心と体の天地陰陽が乱れます。

現代の様々な心身の不調は、
この乱れが多く関係しているのです。

また、陰陽の法則では、
男性は陽・女性は陰です。

(※正確には男性は陽が強く
女性は陰が強いという
相対的な概念です。)

天地陰陽の乱れは、
男女の関係も乱します。

結婚できない女性は「陰虚」が多く、
仕事の出来ない男性は「陽虚」が多いようで、

また、相談にも多い“セックスレス”も
陰陽の乱れが大きく関係しているのです。


次回は、
→「天地陰陽とセックスレス」
どうぞご覧ください

→「天地陰陽の整え方」も近日upします
【2015/03/25 14:14 】
| 天地陰陽のお話 | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


スムーズなのが吉
皆さん、ようやく春がやって来ましたね

桜が咲き沈丁花の香りが漂うこの季節が
私は一年で一番大好きです


さて、春といえば五行では「木」
万物の「はじまりの気」です。

「はじまりの気」を迎えると、
人は新しい事を始めたくなるようで、
その方向性や、向き不向きなどの相談が多いのですが、

物事はスムーズなのが吉です

五行も季節も人生も、
すべては巡りが大切です。

1日の時間の流れや、四季の巡りなど、
これらは順気といわれ、スムーズな状態です。

「小天地」と呼ばれる私たちの身体でも、
口から入ったものは、下から出る
これが順気(じゅんき)で、

ゲップや嘔吐はスムーズな状態ではない、
逆気(ぎゃっき)と言われています。

ですからオナラは健康だけど、
ゲップは不健康ということなのです。


そして、物事にも順気と逆気があります。

例えば家を買おうとした時、
希望していた場所にいい物件が見つかり、
担当の人も良い感じの人で、
子供の進学などの事情もうまく合い、
金銭的にもピッタリ

そしてスムーズに引越しをして
スムーズに生活が始まる
これが「順気」です。

こうして購入した家は、まず問題はなく、
家族も平穏に暮らすことが出来ます。

ですが反対に、
子供を越境通学させてまで引っ越したり、
金銭的に無理をしたり、
逆に安いからと妥協したり・・

そんな風に“あの手この手”は「逆気」で、
後あと、何かしらのトラブルが起こります。

多くの場合は、巡りが乱れているのですから、
イライラする事が多くなったり
言い争いが増えたりと
家族に問題が出ます。

それに、「逆気」で決めた家ですから、
隣近所も「逆気」の人が集まります。
そういう分譲地ほど、ご近所トラブルも多いのです。

私は方角や家相よりも、
「順気」が一番だと言っています。

物事はスムーズなのが吉です

家に限らず、
なにかを決めたり、選んだりする時は、

あれこれ理由をつけて
「逆気」にならないよう、

是非、力をぬいてお進み下さいね
【2015/03/22 18:25 】
| 五行五気のおはなし | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


人生を選んでみる
運勢には、誰しも必ず年運において、
20年間「剋気-こくき-」が巡る時期があります。

「剋気」とは「我が身」を剋す(抑える・制す)五行で、

この「剋気が巡っている時期」は、
まるで手枷足枷をつけられている様な状態で、

八方塞りだったり
思い通りにいかない事が多く、
我慢や辛抱、苦労を強いられる時期なのです。

世間でよく言われる「天中殺」や「大殺界」などと
同じようなイメージですね

剋気が巡る時期は、生年月日により人それぞれで、
その時期、その環境の中で、
何かしらの我慢や辛抱、苦労がもたらされるのです。

天中殺や大殺界と同じ・・と聞くと
何だかとんでもない不幸がやってくるように思いますが、

必ずしも悪いことが起きるとは限りません。

“何によって剋されるか”は、
その時の状況によるのです。

例えば、結婚から妊娠・出産・子育ての時期に、
ピッタリ剋気が当たっている女性が多くいます。

結婚をして環境が変わり、
妊娠中は悪阻や身体の不調に苦しみ、

出産してからも3時間おきの授乳で睡眠不足、
それからも“魔の2歳児”に振り回されたり
だんだん生意気になってきたり・・・

子供が無事に成長するまで、
本当に苦労が絶えないでしょう。

ですが子育ての苦労には、
それをチャラにしてくれるだけの喜びもあります。

剋気の苦労も“悪いばっかりじゃない”という典型です。

また、先日相談にいらした男性は、
6歳からの20年間、剋気が巡っていました。

その方は、あるスポーツをされていて、
「その時期は、本当に辛かった」と話されていました。

友達たちが楽しく遊んでいる時間も、
自分は毎日練習で、土日は朝練や大会、
遊ぶ時間などなかったそうです。

ですが、これも子育てと同じで、
ただ遊んでいるだけでは味わえない
大きな感動や喜びがあったでしょう

さまざまな業界の職業でも、
“売れっ子”という時期に、
剋気が巡っている場合が多くあります。

睡眠や食事をけずって働いたり、
神経をすり減らしたり、身体を壊したり、

それは辛い時期でしょうが、成果も大きいでしょう。

このように、必ずくる剋気の時期も、
“何によって剋気を消化するか”で、

ただの不幸な時期なのか、
飛躍の時期なのかが違ってきます。

苦労=不幸ではないのです。

そして、剋気の苦労を不幸にしない為には、
それまでに剋気を見据えて、
動いておくのが大切です。

20代に剋気が始まるのなら、
「仕事で不満を言いながら適齢期を逃すより」
「子育てで苦労するほうがいいな・・・」とか、

40代で剋気が始まるのなら、
「離婚をして経済的に苦しいより」
「仕事で寝る間もないほうがいいな・・・」とか、

晩年に剋気が始まるのなら、
「病気で入退院を繰り返すより」
「孫の世話で振り回されるほうがいいな・・」・など

願望をはっきりとイメージする事が大切なのです。

そして、それならその為に
「今から良いお嫁さんになる努力をしよう」とか、
「なにか資格をとって独立開業してみよう」とか、
「娘がシングルマザーになってもいいや」など、

よく考えて動いておくのです。

私も52歳から剋気が始まります
その年齢からだと、だいたい想定されるのは
親の介護、孫の世話、自分か夫の病気が多いのですが

私はやっぱり仕事でテンテコ舞になるのが一番いいです

その為に今から頑張っておかなければ
という事ですね

皆さまも、剋気は必ずやってきます

ですが、苦労の時期が喜びの時期になるように、
自分の希望をイメージしてみてはいかがでしょうか
【2015/03/22 16:32 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


| ホーム |