奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
悩んでいるのは「どっちもどっち」
恋愛相談ではよく、
「AさんとBさん、どちらが良いでしょう?」
という相談があります。

例えば、
Aさんと付き合っているけれど、
Bさんに告白されてしまった・・・

Aさんと離婚しようと悩んでいる時に、
Bさんと知り合い、いずれ再婚を考えている・・・

お見合いでAさんとBさんを紹介された・・・などなど、

どちらも良い人だけれども
どちらかに決めかねている
というのは、よくある相談です。

どちらが相性が良いのか、
とても気になるところでしょうが、

実際のところ、
お相手にはとっても失礼ですが

自分が“決めかねている”時点で、
“どっちもどっち”がほとんどです

収入や職業や家柄、
見た目や楽しさなど、

細かく比べてしまう程、
どちらにも決定打がないわけですからね

そして、そんな場合は運勢も
“どっちもどっち”の場合が多いのです

ですから、「どちらが良いですか?」
と相談されても、
「ん~、わかりません」
と言ってしまうことがあります

占い相談をしていて、「わかりません」なんて、
本当ならありえない話かもしれませんが、
実はそうではないんですよ~

どちらが良いのではなく、
「留まるべきか、進むべきか」
運勢には、まずこの大きな違いがあります。

運勢には、
受け身でいるほうが良い人と、
自ら進むほうが良い人とがいます。

AさんBさんどちらにしても、
受け身の運勢なら、
今いる彼や旦那さんとやり直す方がよく、

自ら進む運勢なら、
思い切って人生を掛けてみるべきなのです。

留まるか進むか・・
この生まれ持った運勢は、とっても重要です。

お見合いで紹介された場合は、
受け身の運勢なら、
よりアプローチしてくれる方を選んだようが良く、

自ら進む運勢なら、
AさんかBさんかを決めずに、
CさんDさんと・・・もっと会えば良いでしょう。

そして、生まれ持った運勢に加え、
1年ごと、10年ごとに巡る年運も影響します。

本来は受け身の人でも、今この時期には
「思い切って進んでください
逆に、自ら進む人でも
「今はじっと我慢して下さい

そんな風に、自分の運勢に従った動き方が大切なのです。

いつも言っていますが、
占いは「心と身体の天気予報」です

とんでもない時に、
とんでもない行動を起こさないように

ぜひぜひ皆様も、人生の岐路を大事にお考え下さいね
関連記事
【2015/05/26 15:49 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


<<天地陰陽とセックスレス | ホーム | 心は身体から>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/133-bb750c0c
| ホーム |