心の労働、心の時代

先日、クレーム対応に疲れきった・・
という方が相談に来られました。

クレームを受けるというのは、
大変なストレスでしょう

そういえば、先日も近鉄電車の駅員が、
客からの苦情に逆ギレして
“服を脱ぎ捨てて逃亡”
なんて事件があったそうですね

よく「肉体労働」「頭脳労働」という事が言われますが、
今は「心の労働」というのが大きいと思います。

さきほどのクレーム対応だけでなく、
組織の管理職や教員の方などもそうでしょう。

物理的に肉体が疲れたり、頭が疲れるのではなく、
感情的に疲れるというものです。

それらに対して、クレームマニュアルなどもあるようですが、
人はロボットではありませんから・・
心(感情)というのはマニュアル通りにはいきません。
ましてや感情は人それぞれですからね。

さて、東洋思想には、天地という概念があります。

気や心といった、
“目に見えない働き”=天と、

物質や肉体といった、
“目に見えるもの”=地です。

この両方がバランスよく保たれてこそ、
天地が整うのです。

占いの世界では、もうずいぶん前から、
「これからは心の時代」と言われていました。

物質的な満足より心の満足、
物質的な余裕より心の余裕、

いい服やバッグを持ったり、
整形をして見た目をよくしたり、

女性でも鍛えた肉体が美しいと、
○イザップといったジムも流行ってましたが

それら“地の部分だけ”をいくら良くしても、
心が満たされることはありません。

たとええどんなにお金持ちでも、
物質だけで満たされている限りは、

ただ地べたを這いつくばってるだけ・・
心は窮屈で虚しく、喜びなんてないのです。

そして、そういう人ほど、
無茶なクレームを言うのかもしれませんね。
心が貧しいのです

言うほうも言われるほうも、
“心”というものを、大切にしないといけません。

そして、そういったケアをする立場の人も、
“マニュアル”といった‟地”のものではなく、

それぞれの感情という
“天”を理解しないといけませんね。


「ガッツや根性!」といった肉体系は
はっきり言って昭和の人

「1分で1億稼ぐ」なんて天才トレーダーも、
もうとっくの時代遅れ

これからは「心の時代」です。
地べたを這うのではなく、
スーッと天に届くような、
そんな高い意識で日々をお過ごしください。

では、天=心を高める簡単な方法は
まずは姿勢をよくすることです。

背筋がスーッと伸びれば、
心だってスーッと伸びます。

そうすれば、心はもっと豊かになり、
そして強くなります。

皆さんもぜひ、時代遅れにならないように
ぜひぜひ「心の時代」を楽にお過ごしください
関連記事
2016-09-28 : 天地陰陽のお話 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プ ロ フ ィ ー ル

ようこそ!祐気堂-開運ブログ-へ

漢方薬局で様々な病気に悩む人や
現代医療の限界を目の当たりにし

「人の体は、ロボットのような
パーツの組み合わせではない」
と痛感しました。

心と身体は一つだという事
私たちの中に息づく自然のリズム

そんな神秘にふれ、易経・東洋占術
東洋医学・薬膳の研究をする傍ら

五行五気を多くの方に伝えるべく
古都 奈良の片隅で
「心と体の開運相談」をしています。

目には見えない五気の作用を知り
自分らしく“ありのままに生きる”事

・・・それが一番の開運です。

恋愛・結婚・仕事・人間関係などの
「お悩み相談」から
「女性のための漢方相談」
暮らしに役立つラッキーカラーや
食べ物・四季の養生法など
心と体が元気になる
様々なアドバイスをしています。

ご質問・お問い合わせは
お気軽にどうぞ!

ココロとカラダの開運相談【祐気堂】

http://yuukidou.com/

■お問い合わせは■
order@yuukidou.com



カ レ ン ダ ー

QRコード

QR