奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
五行象の「内と外」
皆さん節分の日は「福は内~ 鬼は外~」と
豆まきなさいましたか

さて、その内外には関係ありませんが
五行象には「我が身」を中心に、
「内と外」という働きがあります。

「内」とは、自分の気持ちなど内面的なことや、
親や家族など、内側の人(身内)との縁を表します。

「外」とは、客観的、外面的なことや、
職場や地域など、外側の人(他人)との縁を表します。

例えば「内」が強い人は、
一人の時間を優先し、趣味など自分の心の満足を優先します。
また“気持ち”など、自分の内面的な充実を優先します。

スポーツも個人競技を好んだり、
人に聞くより自分で調べる、
そしてその過程が好きだったりします。

女性の場合は、結婚後も自分の両親と関わることが多く、
夫の家族とはあまり関わりません。

このタイプは、周りから見れば孤独だったとしても、
本人は意外と満足している場合が多いですし、

「別に他人はどうであれ」と、
あまり周りに左右されないので、
心の充実度は高いといえます。

ただ、それも過ぎると「自己完結型」が強まり、
人の意見を聞かない、協調性がない、
極端な考え、なんでも否定的などとなり、

本当に「孤独な人」にならないよう、
注意が必要です

反対に「外」が強い人は、
早くに親元を離れて自活したり、
一人の時間を過ごすより
友達といることを好みます。

そして、親から手取り足取り学ぶより、
社会の中で自分で学ぶことが多いです。

スポーツなども団体競技を好んだり、
周りの人と試行錯誤しながら、
みんなで作り上げることを好みます。

女性の場合は、結婚後も自分の親や兄弟より、
夫の家族との関りが強くなります。

このタイプは、仕事・結婚・出産・子育てなど、
実社会での一通りの生活が充実しています。

交友関係も広く、いわゆる「リア充」の人ですが、
ただそれも過ぎると、体裁ばかりに囚われたり、
すぐ人と比べたり、価値観が外にあるので、
自分の本当の幸せに気づかない傾向があります。

結果、物質的には恵まれているのに、
心は寂しい・・
そうならないように、注意が必要です。


さて、皆さんはどちらのタイプでしょうか
実際の五行象では、他にも細かいバランスがあり、
それらを総合して判断しますが、
この「内と外」で、おおまかな傾向は決まります。

皆さんも、自分のタイプを活かして、
充実した毎日をお過ごしくださいね
関連記事
【2017/02/09 12:24 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |

五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
⇒http://yuukidou.com/
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。

| ホーム | 乱世の英雄>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/166-21657eea
| ホーム |