奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
帝王切開と分娩日
今日、占い教室のお生徒さんから、
帝王切開の分娩日について
質問がありました。

せっかく日にちを決められるのなら、
良い日に産んであげたいですよね

世間では、
人為的に決めた日にちだから、
「運勢が変わってしまったんじゃないか・・」
「自然に産んでいれば、また違ったかも・・」と、

なにかと“人為的”なことについて
ネガティブな印象を持たれがちです。

無痛分娩なんかもそうで、
「自然に産むべきだ」とか、
「産みの痛みが母親にさせる」
そんな風に言われたりしますが、

じゃあ、安産でスポンッと産むより
難産で苦しんだ方が
愛情が湧くんでしょうか
そんな訳ないですよね

さてさて、
「生年月日と魂魄」でも書いていますが、
人の運勢は、
オギャーッと生まれた瞬間に始まります。

産まれた時の天地の陰陽五行が、
その人の心と体を形作るのです。

ですから、出産日を決められるのなら、
子供にとって最善の運勢
選んであげたいですよね

ちなみに、好きな日を決めるといっても、
年と月はもう変えられないでしょうから、

決められるのは、
生まれ日で変わる「我が身」です。

これで大まかな性格資質
両親や家族との相性が決まり、

どんなふうに育つかや、
内向的な子か、外向的な子か、
その他、だいたいの適職
金運なども決まります。

もし計画的に子作りをして、
しかも帝王切開でというのなら、
生年月日時の全てで「ここ」という日を
狙えるかもしれません。

そうなれば、もっと細かい運勢まで
考えてあげることが出来ますね




関連記事
【2017/10/24 21:52 】
| 占いでわかること | コメント(0) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


<<良い時期と悪い時期 | ホーム | 「水雷屯」と恋の行方>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/186-1b9b15c7
| ホーム |