奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
声があらわす“悩み”
漢方や鍼灸などの東洋医学に携わる人は、その人の声や容姿を見れば
体のどこが悪いのかが分かり、だいたいの性格なども分かるものです。

それは、“心と体は一つ”だからで、私のところへご相談にいらっしゃる方も
予約のお電話での感じから、だいたいの五気バランスは分かりますし
ご相談の内容なども想像できます。

例えば漏気-ろうき-の強い人は、たいてい声が大きくハキハキ話されます。
中にはそんなに声は大きくなくても、早口だったします。
漏気というのは我が身から漏れる(出る)気のことですので
吐く息・汗・エネルギーなどが必要以上に出ているのです。

こういう方はやはり動きも多く、せっかちで何かとバタバタしたり
あれこれ考えを巡らせたりと忙しいのが特徴で
心身が消耗しやすい傾向があります。

「わかりました、わかりました」 「はい、はい、はい、はい・・・・」と
言葉を繰り返す事も多く、余分に話すことでまた消耗してしまうのです。

そして、悩みというのも“焦燥感”からくるものが多く
枝葉はどうであれ、根本はまるでお尻に火がついたように
「落ち着かない、イライラする」といった事が原因なのです。

反対に、漏気がなく“気滞-きたい-”傾向にある人は、たいてい声が小さく
ため息交じりというか、吐き捨てるように話す傾向があります。

気滞とは気のめぐりが悪く、滞っている状態なので
気力がなかったり、あっても体が動かないなど
まるで重たい石を背負っているように、“おっくう”になりがちです。

そして、悩みというのも“物事が渋滞”しているせいで、
「余計なことまで考えてしまう、無駄なものまで見えてしまう」など
なんでも溜め込んでしまう事から起こります。
そしてまた荷物が増え、疲労困憊してしまうのです。

他にも、五行五気バランスによって様々な声や話し方の特徴があります。

それは五行五気という一人ひとりの“金型”により生じる
心と体の傾向なのです。。。



関連記事
【2011/04/02 12:16 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/22-c67f9508
| ホーム |