奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
夫婦は“合わない”のが吉♪
ご夫婦の相談でよくあるのが
「気が合わない」「話が合わない」「価値観が合わない」といったお悩みです。
共に人生を歩む2人なのに、なんだか寂しい気もしますが・・・
五行五気のバランスを考えると、「合わない」これが一番なのです!

「居心地がいい」とか「気が合う」といった“精神的”なことは
恋愛だけなら大切なことですし、不倫というのもこのパターンが多いです。

ですが夫婦となると、これでは五気の偏りが一層強くなるのです。

お金の事や、子育ての事、親・兄弟・親戚の事、将来の事・・・
夫婦というのは共に人生を築いていくわけで、

何か事が起こった時に、どう感じてどう対処するか・・・
それが同じでは、そっちばっかりに偏ってしまい、社会生活は限られてきます。

恋愛のように自分が満たされたり
時には切ない思いをしたり・・・というのは、あくまでも自分中心です。
ですが結婚とは「生活すること」「生きていくこと」なのです。

これまで、たくさんの方の五気をみてきましたが、
例えば“木”が多く乱れがちな人は、
たいてい“木”を抑える“金”の相手を選んでいます。

それも、“木”が強ければ強いほど、
それに見合うだけの強い“金”を持つ相手を選ぶのです。

“木”の人は、情緒的で感情的です。
“金”の人は、論理的で冷静です。

ですから、情に流されやすく、自分の感情で善悪を決める“木”に対し、
世間体や一歩引いた冷静さで物事を判断できる“金”は
社会で生活する上で、とてもありがたい存在です。

反対に、薄情でうわべでしか物事を考えず、
常に一般論・世間体に縛られる“金”にとっては
情が深く、人間味あふれる“木”は、心を潤すオアシスのような存在です。

他にも、人や環境に左右されやすく、心が定まりにくい“水”に対し
常に安定していて、コロコロと変わらない“土”は、人生のストッパー役です。
そして反対に、こだわりが強く柔軟に対処できない“土”にとっても
順応性が高く臨機応変に対処できる“水”は、人生の潤滑油なのです。

木・火・土・金・水いずれの五行も、その作用は吉凶一体です。

相手の嫌な所が多ければ多いほど、それと同じだけの吉作用が必ずあります。

一緒に暮らしていれば、目に見える事だけを考えてしまいがちですが
目に見えない部分では、意外と自分に良い相手であったりするものです。

それに気付かず離婚してしまう前に、そして後悔してしまう前に
一度、本当の夫婦の相性というものを、考えてみてはいかがでしょうか^^?
関連記事
【2011/06/07 11:48 】
| 男♂と女♀(恋愛・結婚・夫婦) | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/27-ff416e76
| ホーム |