奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
“自分”の問題
前々回「夫婦は合わないのが吉」をupしたところ、ずいぶんと反響がありまして、、、
「そうなんですか?」「ウチの夫婦はどうですか?」とたくさんの問い合わせを頂きました。

そこでちょっと“続き”を書かせて頂きたいと思います。

「夫婦は合わないのが吉」と言いましたが、気の合う夫婦もたくさんいらっしゃいます。
友達夫婦、恋人夫婦、仲睦ましいのはとても素敵ですよね。

こういうご夫婦は、たいていどちらも五行の偏りが激しくないので
似たもの同士であっても、良い所は程ほどに、悪い所も程ほどに、、
大きな摩擦もないのです。

ですが五行のバランスが偏っていれば、必ずその対極に偏った相手を選びますから
偏った(バランスが悪い)分、良くも悪くも普通の相手なハズはないんです。

ですから“ほどほど”の相手を得るには、自分も“ほどほど”でないといけません。
その為にも、まずは自身の五行五気バランスそして運気を知る必要がありますよね^^。

ちょっと話はそれますが・・・
これは夫婦関係に限らず、人生の全てにおいても同じです。

五行が偏っている人は、ふり幅が大きくて吉凶の落差も激しく、
“フツー”に“それなり”に生きることは叶いません。

自身が積極的に動かない限りは、なにも良くならないのです。

反対に偏りのない人は、 ふり幅が小さく吉凶の落差も小さいので、
“フツー”にしているだけで、幸せも不幸も“それなり”です。

そのかわり、BIGな事はできませんし、 たとえどんなに努力をしても
平均値から大きく上回れることはないのです。



夫婦の事で悩んでらっしゃる方・・・離婚を考えている方・・・そして結婚したい方・・・
絶対に分かって欲しいことは、 どんな悩みもどんな問題も、
その原因は自身の五気バランスの偏りによるものだと言う事です。

現実には、相手がもたらした問題事かもしれません。
ですが、自身の五気バランスが偏っているから、選んだ相手も偏っているわけで
乱れているから、選んだ相手も乱れているわけで・・・

たとえ相手が変わっても、根っこは変わらないという事です。

また、例えば剋気(こくき)が強く、夫に苦労をかけられているとします。
現実には夫が悪いのですが、そもそもの原因は剋気なので
たとえ夫と別れても、剋気の作用が消えることはありません。

「夫の事をどうこうしよう」ではなく「剋気とどう付き合うか」・・・それが本当の開運なのです。

以前、ご相談に来られた女性にこういう事をいうと
「じゃあ、夫ばっかり得しますよね!」と怒った方がいましたが
損得の問題じゃないんですよね・・・・

自分の剋気をどういう形で消化するか、それは自分の問題です。
こういう方は、要するに“ダメな夫”のおかげでサボれているのです。

凸凹夫婦の暮らしは“荒療治”のようですが、決して不幸なことではありません。
結局は「自身の五行五気とどう向き合うか」 そう考えるのが一番ラクなのです。
関連記事
【2011/06/28 09:27 】
| 男♂と女♀(恋愛・結婚・夫婦) | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/29-a8746104
| ホーム |