奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
占い風“連想ゲーム”?!
先日、「商売がうまく行かない」という方が
相談にいっしゃいました。

五行象を拝見すると、
我が身が弱く、大きな荷物は持てないので、
「商売は諦めて、安定した職を選ぶべきです」
とアドバイスをしました。

ですがご本人の望みは
“今の商売が良くなる事”

「どこに何を置けば良くなる?」とか
「吉方位はどこ?」といったアドバイスを
求めてこられました。

占いでわかる事は、
商売に向くか向かないか?
それは何故か?
です。

決して誤解して欲しくないのは、
何かをしたり持ったりすれば、
“不可能も可能になる”
そんな、夢のような開運はないのです。

それに、世間でよく言われるように、
「お財布に何かを入れればお金が貯まる」
・・・それもありえません。

お金を貯めたいのなら
「使わない」または「稼ぐ」
どちらかです。

我が身が弱いなら、
 多くは稼げないので使わない事。

我が身が強いなら、
 もっと頑張って稼ぐこと。

......ただそれだけです。

“どこに何色のものを置けば開運”だとか、
他力本願での開運は一切ないのです。

もちろん、
例えば色の影響というのはあります。

「ピンクが好き」という人もいれば
「ピンクなんて嫌い」という人がいる様に、
それは純粋に自身の心と体が欲する色です。

よく風水では、ブラックホールや日傘などのイメージから、
“黒=吸収=溜め込む”で、
「通帳を黒い箱に入れると、お金が貯まる」などと言われますが、

そんなものは占いでも何でもなく、
ただの連想ゲームです。

他にも、水が強い=水商売が吉と言ってみたり、
土が強いから農業など
連想ゲーム占いが多すぎるのが現状です。

五行の「木・火・土・金・水」は、
木=ウッド 火=ファイヤーではありません。
あくまでも符号や記号のようなもので、
言ってみればA・B・C・D・Eでもいいのです。

そして、なぜ「木・火・土・金・水」としているかというと、

 木とは「曲直(きょくちょく)」を表し、
 火とは「炎上(えんじょう)」を表し、
 土とは「稼穡(かしょく)」を表し、
 金とは「従革(じゅうかく)」を表し、
 水とは「潤下(じゅんげ)」を表すからで、

自然界のなかで「曲直・・・曲がったり真っ直ぐであったりするもの」
と言えば樹木とするのが分かりやすく、

同じく、自然界のなかで「炎上・・・上へと燃え上がるもの」
と言えば火とするのが分かりやすく、
その他も、それぞれが持つ特徴を
自然界のものに例えただけなのです。

以前、木が多い人が、別の占いで「木こりに向く」と言われたそうで、
私は「アホか?!」とひっくり返りました

五行の意味を知らないにも程があります。

ただ占いを受ける側の方も、すこし誤解をなさっているようで、
「水が強いですよ」と言ったら「実家が酒屋なんです」
と、おっしゃった方がいましたが
それは関係ありません。

“水”は液体でもなければ、海や川でもないのです。
ただ“水”の特徴や作用が、
「常に流れ続ける川である」など、
自然界のものに例えると分かりやすいからです。

人の心と体というのは、
決してロボットのような無機質なものではなく、
全てが論理で説明できるものではありません。

そのため理由が分からない事、
説明のつかない事に対して、
「なぜ?」と人は悩むのでしょう。

ですが、その答えは必ず五行象にあります。
連想ゲームや神様が出してくれるものではないのです。
関連記事
【2012/02/29 11:15 】
| 占いでわかること | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/45-ed5ebd57
| ホーム |