奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
好き嫌いと商売
先日、「コーヒー好きが興じてカフェをオープンしたい」
という方が相談にいらっしゃいました。

その方は「お酒好きの人が、飲み屋を経営するとうまくいかない」
と世間で言われているのを気にされていて、
好きなものを商売にするのはどうかな?と相談に来られたそうです。



“お酒好きの人が飲み屋を経営すると潰す”というのは、
一番は自分も飲んでしまうからで、酔っ払って気が大きくなったり、
酔い潰れて営業時間がバラバラになってしまったりするからです。

ですから、自分は飲まず経営に徹すれば潰すことはないでしょうし、
別の業種ならなおさら、「好きこそものの上手なれ」という諺もあるように、
好きだからこそ必死に勉強したり、試行錯誤できる事もあるでしょう。

ただ、好きなことを商売にするというのは、どんな商売であれ注意点はあります。

好き嫌いなど“好み”というのは、あくまでも“我が身”目線です。
自分が「美味しいと思う・欲しいと思う」・・・だけなんですね。

ですが商売を左右するのは“財気”なのです。

財気とは、五行の相関において「対人・対物・対社会」をあらわす場所で、
我が身が財気を支配するという関係です。

支配というと聞こえが悪いですが、いつもいうように吉凶一体です。
人が何を望んでいるか、社会では何が必要とされているか、どう扱うのか、、、
このように、我が身が得たり、理解したりする働きが“財気”なのです。

ですが“我が身”が先行すると、人や社会の望みよりも、
自分の好き嫌いを基準にしてしまう傾向があります。

結果、絶対に売れる!流行る!自分なら買う!と確信していても、
全然ダメ・・・という事になってしまうのです。

特に“我が身”が強い人は、そもそもの価値観が自分中心なので、
好きな事を商売にする場合は、よほど冷静に考えなければいけません。

逆に、全く興味のないものや嫌いな物を扱う方がいい場合も多いです。
自分が分からないから、「人の意見を聞くしかない」「他人を見るしかない」
これは“我が身”が強い人が、一番苦手とする行動なので、
嫌いな事だからこそ吉なのです。

世間には様々な“成功マニュアル”がありますが、
どれが当てはまるのか・・・まずは自分を知ることから始めたいですね

関連記事
【2012/04/25 12:22 】
| 占いでわかること | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/49-8675a265
| ホーム |