奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
“天才とナントカは紙一重”
“どーでもいい話”ですケド・・・・

漢方の本もそうですが、専門書って高いんですよね~
まぁ需要がないからでしょうが、なんとかならないですかね

いま私が欲しい本を挙げると、漢方の専門書が2万1千円、あと3巻セットのが3万1千円、

他にも漢方系の本が1万円、1万4千円、2万4千円・・・・・・・・・・
ちょっと安いものでも、やっぱり1万円近くするんです。。。。。

なんでもかんでも1万、2万、1万、2万、1万、2万~~~~

昨日も6,300円の本を「安い」と思って買いましたが、
よく考えたら「6,300円の本って ・・・めっちゃ高いやろ~

まぁ、絵画じゃないですが“後世に残すためにも・・・”なんて
大げさな理由をつけて買っていますが、夫はなにも知りません

ところで、私の父方はアカデミックな家系なんですが、
やっぱり一人ぐらいは“変”なのが出てくるんですね

家財道具を売っては本を買うという、“変なおじさん”が居たそうです。

奥さんがミシンをかけながら、爪に火を灯す思いで生活しているのに、
次から次へと家財道具がなくなっていくんですって

そしてある朝 茶の間に行くと、ミシンも消えていたそうです

“天才とナントカは紙一重”とは、よく言ったものですね。


ちなみに五行相関では、この“天才”も“ナントカ”も同じ相気-そうき-で、
四柱推命では印星(印綬・偏印)と呼ばれています。

相気の具体的職業は、学者・研究者・教育者・僧侶・画家・音楽家・医者などなど
何らかの分野で専門の知識や資格、技を持ち、「先生」や「師匠」と呼ばれる人たちです。

“○○道”を極める人もそうで、剣道・柔道・茶道・華道、、、、
役者や漫才師、落語家などの“芸の道”、あと占い師も相気によるものです。

相気は、一般社会を表す“財気”とは相反しますので、
“その道”を極めなければ、浮世ばなれした“ただの変人”

相気が強い人は、そこのところ注意しないといけないですね!

私も“変なオバサン”にならないよう、しっかりと地に足をつけなくては・・・
関連記事
【2012/07/03 16:05 】
| ちょっと聞いてちょ~だい(^-^)ノ” | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/54-6add0603
| ホーム |