奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
剋気でみる「結婚運と適齢期」 結婚・離婚その前に・・
五気には「自分自身を剋す」作用のある“剋気”というのがあります。

※「剋(こく)」とは様々な意味がありますが
エネルギーを奪う、抑える、支配する、コントロールする、取りに行く、といった解釈です。

この剋気はそれぞれの五気バランスによって、強かったり弱かったり、全く無い人もいます。
ただ、1年運・10年運でも巡ってきますので、無い人も人生の中で剋を受ける時期は必ずありますし
もともと強い人なら、重ねて剋気が巡る時期は、とても辛い時期であると言えます。

そしておもしろい事に、女性の結婚の時期とはたいてい剋気が巡る時にあたっています。

いくら時代が変わったとはいえ、やっぱり女性は結婚すると生活が大きく変わります。
“結婚”は色んな意味で女性が剋されるものなんですよね。

私のところへも、結婚生活についてのご相談が多く寄せられますが、
たいていの方はこの“剋気”の真っ只中にいらっしゃいます。

思い通りにいかなかったり、我慢することが多かったり、
肉体的にも精神的にも“しんどい”事が多いかもしれません。

それが1年運で巡ってきた剋気なら1年間で済みますが、10年運で巡ってきた剋気なら
結婚をして10年間は、我が身が剋され辛い時期が続く事になるのです。

ただ10年運が剋気でも、1年運でそれを抑える気が巡ったりする時があります。
するとその期間は比較的穏やかに過ごせるのですが、逆にそのせいで「最初は良かったのに・・・」など
剋気の作用に気付かず、一喜一憂して疲れてしまったりする場合もあるのです。

結婚生活の中では、誰でも多かれ少なかれ、辛いことや我慢できない事があるかもしれません。
金銭問題や浮気、価値観の違い、それ以前に「全く合わない・・・(--;)」など、理由も様々でしょう。

ですがその中で「こんなハズじゃなかった」と絶望的にならず、
そして離婚という選択の前に、“剋気”というのを知って欲しいな・・・と思います。

私は常々「悩みは迷いは枝葉。それを摘み取ってもまた次々と出てくる」と言っていますが
剋気が巡る時期、たとえ結婚生活という“剋”から開放されたとしても、
姿を変え・・カタチを変え・・・また新たな剋が必ずやって来ます。

それに五気でみると、結婚とは「女性が剋される」のが、自然のカタチです。
男性と女性では五気の作用が違うからです。

「悪い時期は発展期」でもあります。
どうせ巡り来る剋気なら、「夫や子供の為に・・・」と、
あえて剋を幸せに変えるのも素敵な人生かもしれません。

関連記事
【2010/12/01 15:24 】
| 男♂と女♀(恋愛・結婚・夫婦) | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/8-30c731c5
| ホーム |