奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
第1回 【命の基本 陰陽五行・・陰陽とは】
五行占いweb講座をご覧いただき、
誠にありがとうございます。

第1回は、無料にて掲載させて頂いております。
「どんなものか」ぜひご覧くださいませ



■命の基本『陰陽五行』

1300年代の中国、元~明の時代に記された、
最古の占術書「滴天随」には、
人の命運についてこう記されています。

「三元(さんげん)の萬(よろず)の法(ほう)の
宗(そう)を識(し)るを欲するならば、
まず 帝載(ていさい)と神(しん)功(こう)を観るべし」 

※帝載とは・・・大極(陰陽)のこと
 神功とは・・・五行のこと
 三元とは・・・天地人のこと

→つまり
「この世界そしてそこに生きる人の命運を知りたければ、
まずは陰陽五行を知らなければならない」という意味です。

陰陽や五行と聞けば、オカルトなイメージや
古臭いものの様に思われますが、
本来の陰陽論、五行論とは、
古代中国の人々が長い年月をかけて培った自然論です。

東から上る太陽、暗闇を照らす月。
それは一日、一ヶ月、一年を通して常に変化しながらも、

冬を越せばまた春が来るように、
眠れば朝を迎えるように、
一定の不変の法則があります。

この自然の法則を説いたのが、陰陽五行なのです。

そして昔の人々の豊かな感性は、
それら自然の摂理をただの情報で終わらせず、

その中で暮らす私たちへの影響をも説きました。
天地の理(ことわり)に組み込まれて暮らす私たち・・・

陰陽五行は、哲学・思想・医療として、
今日まで伝承されてきたのです。


■陰陽とは

中国だけでなく日本においても、
概念としての「この世のはじめ」はこう記されています。

「古、陰陽未だ分かれず混沌たり、
その清く陽(あきらか)なるもの天となり、
重く濁れるもの地となり」

→「大極-たいきょく-」といわれる
陰陽まだない混沌とした気だまりから、

陽の気である、光に満ちた清く軽い気が上昇して天となり、
陰の気である、重く濁った気が下降して地となりました。

天は陽の気の集まりとされ、
「能動性、積極性、明、剛、温、熱、発生、発散」などを表し、

地は陰の気の集まりとされ、
「受動性、消極性、暗、柔、冷、寒、養育、収斂」などを表します。

また、
「陽=天=気=目に見えないもの」
・・私たちでは心

「陰=地=物質=形あるもの」
・・私たちでは肉体とも考えられています。

月と太陽、暗と明、静と動、
マイナスとプラス、女性と男性などなど、

森羅万象、全てのものは「陰と陽」という
相反する2つの性質を持っています。

ですが「暗さがあるから明るさがある」ように、
決して対立するものではありません。 

互いが交わり依存するもので、
物事には必ず表と裏=吉と凶があるという事・・・

「一側面だけを見ていては本質を見誤る」
ということを教えています。

「陰きわまれば陽に転じ、陽きわまれば陰に転ず」
というのが自然の法則です。

陰と陽は一対のものではなく、
陰は陽でもあり、陽は陰でもあるのです。

物事においても、まるで振り子のように
「十の悪があれば十の善がある」・・・

もっといえば、
十の悪は十の善にもなりうるということです。

陰陽について、「陰は死・陽は生」
→だから、「陰は凶・陽は吉」とする情報も多くありますが、

死があるから生があるわけで、
陰陽そして後述する五行にも、
決して、吉凶や善悪はないのです。



お読み頂きありがとうございました。
第1回は少し短めになっています。
第2回以降は長くなりますが、是非お読み下さればと思います。



第2回は【自然としての陰陽~東洋医学の陰陽】です。
↓↓サンプル↓↓

■自然としての陰陽

本来の陰陽という考えは、この地球で暮らす知恵です。

月と太陽がもたらす夜と昼、
そして冬と夏(冬至と夏至)を認識することでした。

昼と夜

太古の人々は、暮れてもまた朝が訪れる様子や、
枯れ果てた大地にも、また草木が生い茂る様子から、

「陰陽」という概念を生み、万物の循環を見いだし、
そして盛衰を悟ったのです。

第2回へ続く...



「まずは自分の五行を知りたい!」
そんな方には、コメント欄にて五行をお出しします。

↓下記コメント投稿欄より
 タイトルに「五行希望」と明記いただき、
 ニックネームと生年月日時を送信ください。

 これだけでは個人は特定されませんので、
 どうぞご安心くださいね


関連記事
【2013/07/10 14:27 】
| 五行占いweb講座 | コメント(4) | トラックバック(-) |

五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
⇒http://yuukidou.com/
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。

<<第11回【五行それぞれの象意~巡りを知る】 | ホーム | 第2回【自然としての陰陽~東洋医学としての陰陽】>>
コメント
1942年11月31日 午前5時6分です。
よろしくお願いします。
【2014/09/19 13:57】
| URL | taiyougennki #-[ 編集] |
> 1942年11月31日 午前5時6分です。
> よろしくお願いします。

taiyougennkiさん、閲覧ありがとうございます。
31日となっていますが、30日の間違いでしょうか?
ひとまず30日でお出ししました^^。

年-壬 辛
月-辛 丙
日-丁 壬
時-癸 甲

以上です。
【2014/09/19 14:02】
| URL | ゆうきどう #-[ 編集] |
1969年9月17日生まれです。
どうぞよろしくお願い致します。
【2017/01/28 13:51】
| URL | わさび #-[ 編集] |
> 1969年9月17日生まれです。
> どうぞよろしくお願い致します。

コメント確認が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
ブログをお読みくださり、ありがとうございます。

わさび様の五行は、
年-己 乙
月-癸 乙
日-乙 丁

尚、あさ10時以降に生まれた場合は、
日-乙 己 です。

それでは失礼いたします
【2017/02/08 14:03】
| URL | ゆうきどう #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |