奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
「土」と土用と安定
昨日29日は「土用の丑の日」でしたが、
皆さま鰻は召し上がりましたか

「土用」といえば、夏の土用が有名ですが、
本当は年に4回あります。

立春・立夏・立秋・立冬の前18日間を「土用」といい、
五行では「土」が支配します。

前回の記事→「私たちの中の天地陰陽」でも情緒について触れましたが、
情緒とは自然によって培われるものです。

青い空をみて晴れやかな気持ちになったり、
沈んでいく太陽を見て寂しくなったり、
枯れた木々を見て気持ちが沈んだり、

私たちの心と体は、そんな自然の移り変わりに、
大きく影響されているのです。

開放的で活動的な「夏」から、
急に「秋」を迎えたら・・・
心と体はそれについていけず、変調をきたします。
すると、
kin-sikitaihyou.gif

五臓-肺が傷つき
五変-咳が出て
五志-悲しくなるのです。

他の季節も同じです。
例えば「冬」から準備もなく「春」を迎えると、

五臓-肝が傷つき
五変-握(緊張して)
五志-怒(イライラ)するのです。

土の五季「土用」とは、
そんな季節の間の安定剤なのです。


下図をご覧下さい、
「木の春・火の夏・金の秋・水の冬」の四季の中心に、
土の土用があります。
doyoutoha.gif

また下図は人体の五行図ですが
同じように「木の肝・火の心・金の肺・水の腎」の中心に、
土の五臓「脾」があります。
gogyoujintai.gif

(※「脾」とは現在の脾臓ではなく、口から肛門までの一本の管、消化器系をいいます)


「土」は五行の中心
他の四気「木火金水」の旺衰による、
心と体の変調を防ぎ、安定をもたらしてくれるのです。

ですから、季節の変わり目に弱い人や、
情緒が不安定な人というのは、
必ず「土」が弱く、そして胃腸が弱い人です。
食の細い人も多いようですね。
(逆に過食傾向の人もいます)

ちなみに私も胃腸が弱いです


「土」が強いか弱いかは、簡単に判断できます。
土の五蓄は「牛」ですので、
牛肉をガッツリ食べられる人は、
「土」が強く胃腸が丈夫です

昔から「食力」と言われるように、
食べる(食べられる)ことが、
心と体の安定につながるんです

立秋まであと1週間・・・
私も、暑いからとビールばかり飲んでいてはダメですね
反省です...

そうそう「土」の五竅は「口」です。
口や口の周りに吹き出物が出来るのは、
「土」の乱れ、胃腸の疲れのサインです。

ぜひこの土用は、刺激の強いものや、冷たいものの飲食を控え、
迎える秋に備えて、胃腸を労って下さいね。

でないと・・・
秋に寂しさに打ちひしがれるかもしれませんよ~チーン...


関連記事
→「秋は物悲しい季節」
→「牛の反芻(はんすう)?!」
→「土の人ってどんな人?」
関連記事
【2014/07/30 18:19 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


トラックバック
トラックバックURL
http://yuukidoublog.jp/tb.php/93-d5296966
| ホーム |