奈良の占い相談~祐気堂 開運ブログ~
奈良、大阪、京都から・・自然の流れ「五行象」を知り、自分らしくキラキラした毎日を☆
陰陽五行とダイエット
先日近くのスーパー銭湯に行きまして
床から天井までの大きな鏡で自分の全身をふと見ると・・・
おしりがペチャンコだったんです

よくよくみると、背中側のお肉ばかりが落ちて、そのぶんお腹側に移動したような
なんだか貧相な後ろ姿に、“年齢”を感じてしまいました。

自分だけでは悔しいので キョロキョロ周りを見てみると、
やっぱり“アラフォー”以降の女性は、背中側のお肉が落ちて、
そのぶん前へ前へ出てるんですよね~

年を重ねると重力に負けて顔のラインがたるんでくるとか、
お肉が下がってくるのは気づきやすいですが、後ろ姿って意外に気付きませんよね!

ですが、実は体の背中側こそ加齢の根源なんです。

「木・火・土・金・水」の五行には、それぞれ陰と陽があり、gogyou-kisetu-jikan-hougaku.gif
“水”は陰中の陰(最も陰)で、方角では北、季節では冬、時では夜中。

水の気は全てが終わりを迎える時を司り、私たちでは老年期がそうです。
私たちの心と体は、年を重ねるごとに陰が強まってくるのです。

そして私たちは四足歩行の頃のなごりで、
太陽が当たる背中側が“陽”、かげになるお腹側が“陰”とされています。

年をかさねて“陰”が強まれば、そのぶん“陽”は弱まる・・・
すると“陽”である部位が活気をなくし、弱ってくるのです。

これが前より後ろ姿が加齢の根源というわけなのです。

よく「背中に哀愁が漂う」とか「親の背中に年を感じる」なんて言いますが、
それは背中の陽気が薄れていくからなんですね

また、陽の気は上へと昇る性質があり、陰の気は下へと降りる性質があります。
ですから陽が弱まると、心も体も下へ下へと落ちていくのです。

そういえば子供は疲れ知らずでとっても元気でしょ?
それは、子供は陽の気が強いので、気持ちも上向きで活気があるからなんですよ。


ところで、昔の人は「子供は7歳までは神の子」と考えていました。
それはもちろん乳幼児の死亡率が高かった為ですが、
もう一つ、“子供はまだ気が固まっていないから”とも言われています。

陰陽説では、「陰陽が分かれる時、澄んだ軽い気は上昇してとなり、
重く濁った気は下へ溜まりとなった」とされています。

そして、陽の気は非物質的な“働き”・・・いわゆる“気”であり、
陰の気は肉体を含めた物質というわけなんです。

小さな子供はまだ物質的な働きが弱く、命が固まりきってない・・・
だから、何かの拍子に気が散り散りになって天へと帰る・・・そう考えたのです。


ちょっと話はそれてしまいましたが、
ダイエットそして若々しい体を保つには、陽の気は必要不可欠です。

肉体だけを鍛えるのではなく、
陽気で活気ある毎日を送るように心がけたいですね


↓↓↓コレ!いいですよ~


【2012/07/12 00:13 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


心がだめなら体から・・・“しんどい”
【“識”があって“現実”となる】をお読みになった方から、
こんなお声を頂きました。

「プラス思考にしようと頭では分かっていても、
いざその時になると感情が抑えられない・・・」

そうですよね、、、よく「感情をコントロールする」とか
「心を穏やかにする」という話を聞きますが、

“頭”では分かってiいても
“いざ”という時には役に立ちません。

心をどーこーしたいのなら、
まずは体を!これが一番大切なのです。

【“識”があって“現実”となる】のエピソードにあった長女と次女も
その違いは、次女は体が丈夫で体力があっただけです。

自転車で坂道を立ちこぎするぐらい
「苦にもならない」
だからいちいち悩む必要もなく、
「とっとと帰ろう」と思えるのです。

そして長女の方は、サドルがどうこうと言うより、
とっくに部活でヘトヘトだったんですね

誰でも「どうしよう・・・」と悩むとき、
本当は「どうすればいいか」
分かっている
ものです。

でもそれが出来ない・・・したくない・・・
だから悩んでいるのです。
そしてその根底にあるのが、
実はカラダの不調である事が多いのです。

例えば子育てでも、
部屋が散らかったなら、
ちゃっちゃと片付ければ済むものを、
カラダが不調だと「もう~また散らかして~!」と嫌になります。
片付けるのが“しんどい”からです。

そんな時に夫から「遅くなる」と
電話があったとしましょう、
「子供のお風呂は?」「ぜんぜん協力してくれない」
そうなりますよね。
これもお風呂に入れるのが“しんどい”からです。

これは、仕事でも人間関係でも同じです。
満員電車で通勤すること自体
“しんどい”という人が実は多いのです。

会社に着いた頃には疲れきっているので、
ささいな事が負担になる。
だからそれを指示してくる上司を、
余計に嫌や人だと感じる。


カラダが“しんどい”と、ささいな事でも“負担”になります。
するとそれが“不満”となり、
いつしか“悩みの種”になっていくのです。

以前ご相談に来られた方に、
「体力をつければ全て解決します」と言うと
すごく怪訝な顔をされた事がありますが・・・

心を健やかに保つには、体を健やかに保つ。
心を強くするには、体を強くする。

悩みを“悩み”と捉えず、
一度、ご自身の体にを労わってあげたらいかがですか^^?
すると、こんなに悩んでいる事も、
意外と糸口が見つかるものですよ
【2011/10/17 19:04 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


大音量で聴いてませんか?!
テレビや音楽などを、大きな音で聴かないと「物足りない・・・」
そんな事はありませんか?

ふだんは会話もスムーズで“耳が遠い”訳でもないのに
音量をやたらと上げるという人は、金が乱れているのです。

   ※ただし、耳やその機能の異常は、水や木が関係します。

前回、金について「秋は物悲しい季節」というお話をしましたが
“金”は情緒を司る“木”を剋(こく)します。

大音量でないと満足できないというのは、
金が乱れて情緒が乏しく、感受性が鈍いからなのです。

ただ音量が大きいだけなら、たいした支障はありませんが
     (せいぜい周りが迷惑なだけです

感受性が鈍くて“満足できない”というのは、当然それ以外でも、、、
人生に対しても、同じことがうかがえるのです。

こういった方は、心に空しさや“なげやり感”を持っている人が多く見られます。

金の五志が「憂い悲しみ」というのも、五精が「魄」というのも理解できますよね。
「魄-はく-」とは言ってみれば死者の魂です。

なぜ悲しいのか・・・それは“自分が感じないから”なのです。
            ・・・ん?映画かなんかで聞いたようなセリフですが・・・

ですから、人より人生がつまらない訳でも、悲しいことが多い訳でもありません。
自分が人より、寂しく空しく感じているだけなのです。


もちろん感受性が鈍い=悪いという事では決してありません。
職業によっては、いちいち共感したり感情移入していては務まらないものもありますし、
五行五気の作用とは吉凶一体ですからね。

ただ吉作用であれば、寂しさや空しさに負けてしまう事はないのです。

もし今これをお読みくださっていて「思い当たる」という人は、
ぜひ自然を意識して過ごしてみてください。

土の匂いや雨の匂い、水の音や虫の鳴き声、夏の暑さや、冬の冷たい風・・・
そんな自然の生きる気配を感じる事で、情緒は豊かに養われます。

そうすれば、いつもの何気ない日常の中にも
“大切なもの”や“喜ばしいこと”が必ず見えてきますよ。






【2011/10/01 16:25 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


“相気”と健康運
我が身を生じる“相気”は、健康運も表しています。goki.gif
なぜこれが健康運を表すのかというと
我が身を生じるとは =“母”の存在の強さであり
環境の中に自分を世話してくれる人がいたか、
という事なのです。

もちろん、親であれば誰でも世話をするでしょうが、
例えば、
「体が小さいから、スイミングに通わせよう」
「あまり食べないから、料理を色々と工夫しよう」
といったように、
その時々に合わせて十分に手を掛けたか。

それとも、「小さいけど、そのうち大きくなるだろう」
「あまり食べないけど、そのうち食べるだろう」と放任であったか。

その違いが、相気の強弱なのです。

ちなみにこれは実の母でなくても、祖母や姉、義母、乳母などの場合もあります。
心と体が健やかである事ができたか・・・
そんな環境を提供してくれる人の存在の有無が相気なのです。

ですから“相気”が充実している人は
心と体の基礎がしっかりしているという意味で、健康であるのです。

また、相気が表す具体的な職業は
医者、学者、研究者などのアカデミックな職業や
画家、音楽家など多種様々なアーティストなどです。

四柱推命では「印星」とも呼ばれていて、これは頭の良さも表す星です。
いずれも、親や協力者の十分な支援が必要だという事が分かりますね。。。

ただ、どんな作用も吉凶一体。
健康運をあらわすはずの“相気”も、強すぎれば不健康になります。

これは例えて言うなら
親が過保護すぎるせいで、逆に子供は体力がなかったり、風邪をひきやすかったり
アトピーや喘息だったりするのと同じですね。。。

心と体がまるでヒナ鳥のように、弱々しいままなのです。

そういう人は、とうぜん人生に対しても常に受身です。
お腹が空く前に目の前に食べ物を出されていれば、いざ自分から取りに行こうとはしませんよね。

それと同じで、自分の意思や感情よりも、
まず考えてしまい行動に移せなかったり、
必要とされるままに、なんとなく流されてしまったり・・・
自分で“ガツガツ生きていく”事が苦手なのです。

そんな人は、1年運・10年運において
我が身である五行が巡る時期や、相気を剋す“財気”が巡る時期が開運期です。

また、普段から体力づくりを心がけ、自身の気力・体力を充実させてあげれば、
相気の受け皿である我が身が充実し、五行五気が安定します。

そして相気が強い人の開運法は、とりあえず動く事。
「案ずるより産むが易し」・・・ですよ!
【2011/06/22 10:48 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


声があらわす“悩み”
漢方や鍼灸などの東洋医学に携わる人は、その人の声や容姿を見れば
体のどこが悪いのかが分かり、だいたいの性格なども分かるものです。

それは、“心と体は一つ”だからで、私のところへご相談にいらっしゃる方も
予約のお電話での感じから、だいたいの五気バランスは分かりますし
ご相談の内容なども想像できます。

例えば漏気-ろうき-の強い人は、たいてい声が大きくハキハキ話されます。
中にはそんなに声は大きくなくても、早口だったします。
漏気というのは我が身から漏れる(出る)気のことですので
吐く息・汗・エネルギーなどが必要以上に出ているのです。

こういう方はやはり動きも多く、せっかちで何かとバタバタしたり
あれこれ考えを巡らせたりと忙しいのが特徴で
心身が消耗しやすい傾向があります。

「わかりました、わかりました」 「はい、はい、はい、はい・・・・」と
言葉を繰り返す事も多く、余分に話すことでまた消耗してしまうのです。

そして、悩みというのも“焦燥感”からくるものが多く
枝葉はどうであれ、根本はまるでお尻に火がついたように
「落ち着かない、イライラする」といった事が原因なのです。

反対に、漏気がなく“気滞-きたい-”傾向にある人は、たいてい声が小さく
ため息交じりというか、吐き捨てるように話す傾向があります。

気滞とは気のめぐりが悪く、滞っている状態なので
気力がなかったり、あっても体が動かないなど
まるで重たい石を背負っているように、“おっくう”になりがちです。

そして、悩みというのも“物事が渋滞”しているせいで、
「余計なことまで考えてしまう、無駄なものまで見えてしまう」など
なんでも溜め込んでしまう事から起こります。
そしてまた荷物が増え、疲労困憊してしまうのです。

他にも、五行五気バランスによって様々な声や話し方の特徴があります。

それは五行五気という一人ひとりの“金型”により生じる
心と体の傾向なのです。。。



【2011/04/02 12:16 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


心がダメなら身体から・・「固いと“気”は滞る」
私は常日頃から「心と身体は一つです」と言っていますが...
相談者の方に「身体を温めてください」や「ストレッチをしてみてください」と言うと
たまに「本当にそれで開運するんですか?!」と言われることがあります。

「こんなに悩んでいるのに、ストレッチの何がきくんだろう?!」と思われるのでしょうね^^;

そもそも“悩み”というのは、考え方次第だと言えます。
同じ状況下にあっても、「なにくそ!」とパワーが出る人や
「何で私だけ・・・」とネガティブになる人、「まぁまぁ^^何とかなるやろ」と楽天的に考える人

どう対処できるかは人それぞれで、それは五気のバランスにより決まります。

なかでも何か事が起こったとき、柔軟な考えが出来ず凝り固まってしまう人がいます。
「分かってはいるけど、気持ちが納得できない」と頑固になってしまったり
アドバイスをされても素直に聞けない・・絶対に許さない!と意地になってしまう・・

そんな人は心が固く、そしてたいてい身体も固いのです。

東洋医学には「気血-きけつ-」という言葉がありますが
固いと気血の巡りが悪くなり、また気血の巡りが悪いと固くなります。

想像してみてください・・・心と身体の気血の巡りが悪く
悪いものや汚いものがドロドロと滞り固まっている様子を・・・

そんな状態では、何をしても何を考えてもロクなことがありません。

ココロの不調はカラダの不調・カラダの不調はココロの不調
あれこれ悩み苦しむまえに、とりあえず気血の流れを良くして、
柔らかくなってみてはいかがでしょうか^^?

体中を気血がスムーズに巡れば、なんだか全て洗い流された様な感じがするでしょう。。。
すると心もスッキリ軽くなり、スムーズに事が運ぶようになるのです。

【2010/12/01 14:25 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


心がダメなら身体から・・・カンタン開運法♪
古代より東洋思想では「心と身体はひとつ」だと考えられています。
それは医療においても同じで、部分部分を細かくみる現代医学に対し、
心と身体のバランスを整え、その人を丸ごとトータルで治療していくのが東洋医学です。

そしてこれは東洋占術も同じです。

五行五気のバランスが乱れて、身体のどこかに不調があれば
必ずそれに対応する心にも影響がでます。

反対に、心に不調があれば、必ずそれに対応する体の部位や機能に影響が出るのです。
goki-s.gif


例えば胃腸は土の気ですが、これが乱れるとクヨクヨと思い悩む傾向があります。
逆に、土の気が充実している人は胃腸が強く、快食快便でメンタルも強いのです。

火の気が弱ければ、何事も深く真剣に受けとめ、ネガティブになる傾向がありますし、
体力の乏しい人は、運勢全般においても弱いという傾向があるのです。
          
世間では様々な開運グッズが売られ、
「どこに何を置けば開運」といったような情報も多く見られます。

もちろん外からの刺激もいいですが、別に特別なことをしなくっても
心をどーにかしたいのなら、カラダを治せばいいわけで、
開運とは心と身体の五気を整えることなんです。

悩みや迷いも、「頭ではわかっているのに、どうもできない」そんな人も多いでしょう。
ですが、それならば先にカラダから刺激すればいいのです。
「考えないようにする」ほうが難しいですもんね

たとえ嫌々でも毎日ウォーキングすれば、自然と体力は付きます。
そうすれば運勢も強くなる

火の気が弱いのなら、大声で歌ったり笑ったりすれば、イヤでも火の気は刺激されます。
そうすれば心も活気づく

どうですか?これならとっても簡単でしょ

運勢や運命とは“心と身体のありよう”なのですから
心が不調なら、とりあえずカラダから開運してみては、いかがでしょうか

【2010/12/01 10:14 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


“心と身体”の気を健やかに保てば、必ず開運します。
祐気堂の「祐気」とは、“自分自身に良い影響を与えてくれる気”という意味です。
開運に必要なことは、まず自分自身の“五気”を知ることです。

“気”とは万物の源・・・
土地も食べ物も、色も音も、花も・・そして私たちも・・・
全てが“気”から成り立っています。
その中には、自分にとって良い影響を与える“気”もあれば、
悪い影響を与える“気”もあるのです。

例えば食べ物だと・・・
同じ食材でも、あっさり塩味が好きな人や、甘辛い味付けが好きな人・・
やたらと七味唐辛子をかける人・・と、味の好みはそれぞれです。

味は五味といい五行の一つで、
“水の気”が多いと塩辛さを求めたり、“土の気”が多いと、甘味を求めます。

また、色も五行では五色といわれ、
普段よく着る洋服の色や、何気に目にとまる雑貨の色も、
“気”の偏りによって無意識に好みが出ます。

古代より私たちは、自分自身の心と身体に良い影響を与える“気”を上手に取り入れ、
自然の“気”に包まれながら生活してきました。

ですが、現代の社会ではこれら五行に表される古代の知恵がほとんど活用されず、
人は人、物は物、そして、、、「心と身体」までもが別々のものとして捉えられています。

“木の気”が多すぎるにもかかわらず、“木の気”を多く取り入れたり、
自分に良い作用をするはずの“気”を遠ざけて生活してしまっています。
そして、“悩み・迷い・苦しみ”などの心の不調も、心だけを解決しようとしているのです。

感情も五行では五志といわれ、例えば怒りは“木の気”、喜びは“火の気”が司ります。

“木の気”が多すぎると、怒りっぽくいつもイライラしています。
反対に“火の気”が多すぎると喜びが度を越え、
「楽が一番♪」と単純で享楽的なダラダラ人生となります。

私たちの心、体、そして運命と言われるものも、全ては五気の作用なのです。

“心と身体”の気を健やかに保てば、必ず開運します。
“五気”を知れば、もっとキラキラした未来が待っていますよ♪





【2010/11/27 22:02 】
| 心と体 | コメント(-) | トラックバック(0) |


五行象による占い相談「祐気堂-ゆうきどう-」
yuukidou.com 五行象占い 祐気堂
奈良・大阪・京都・神戸 JR各線からお越し頂いております。
「五行象-ごぎょうしょう-」は、祐気堂の登録商標です。


前ページ | ホーム |